韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国コンビニ、日本製ビールのキャンペーン再開

韓国コンビニ、日本製ビールのキャンペーン再開

韓国コンビニ業界は、約3年ぶりに日本製ビールの割引キャンペーンを再開する。日本製品に対する不買運動が小康状態になり、輸入流通企業が現金性の広告費の投入に積極的に乗りだしたところ、コンビニが最終的にはキャンペーンを再開したのだ。

3日のコンビニ業界の話を総合すると、CU・GS25・セブンイレブン・イーマート24など韓国コンビニ4社は、今月から輸入ビールのキャンペーン品目に、アサヒ、キリン一番搾り、サッポロ、サントリーなどの日本製ビールを加えることにした。コンビニ業界がキャンペーンに日本製ビールを含めるのは、2019年8月以来2年10カ月ぶり。

コンビニ業界のある関係者は、「これまで『No Japan』の動きが激しかったため、コンビニの月別の合同キャンペーンから日本製ビールを除いていたが、今月から個々の店鋪で希望する店主に、商品の発注と4缶で1万1000ウォン(約1100円)のキャンペーンに対する選択権を与えた」と説明した。

スポンサードリンク
コンビニ業界のこのような動きは、エムズビバレッジ・ハイト真露・ロッテアサヒ酒類などの輸入流通企業の積極的なマーケティングによるものだとみられる。これらの輸入流通企業は、コンビニ加盟店の店主を対象に、商品を発注して広告を付ける条件で、4缶あたり1万ウォン(約1000円)の広告費の支給を始めた。

コンビニ業界の関係者は「輸入流通企業は、店主が商品を発注し、冷蔵庫などに対象のビールの広告を貼れば、4缶あたり1万ウォン(1回のみ)の広告費を支給する手法でマーケティングを行っているが、参加するかどうかは全面的に店主それぞれの判断によっている」と強調した。あるコンビニ店主は本紙に「商品の発注をすべきかどうかで悩んでいる」とし、「以前ほどではないが、まだ日本製品不売の雰囲気は残っており、顧客の反応がどうなるかわからない」と述べた。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43348.html

2022-05-04-k001.jpg

2021年12月15日、韓国メディアが、「日本製ビールが再び『4缶1万ウォン(約963円)』割引イベントの対象に含まれた」と報じた。韓国のコンビニエンスストアチェーン「イーマート24」と「CU」は2021年12月から、輸入ビール「4缶1万ウォン」割引イベントの対象に日本製ビール(イーマート24はアサヒビールに限定)を追加した。

韓国で日本製ビールは19年夏に始まった日本製品不買運動のメインターゲットとなり、割引イベント対象から除外されていた。また店長の意向で販売すらしていない店舗も多かった。その影響でコンビニ販売数「不動の1位」だったアサヒビールの売り上げは急減し、10位圏外に落ちた。

今回日本製ビールがセールイベントに復活した背景について、倉庫に積まれていた在庫を一掃しなければならない上、最近は日本製品不買運動が落ち着いているためとみられると説明している。また韓国製クラフトビールに押され人気に陰りを見せる輸入ビールの販売を強化するための戦略でもあるとしている。 一方、実際に韓国の日本製品不買運動は徐々に下火になっており、ユニクロや日本車の販売が大幅に増加した。

関連記事

[ 2022年05月04日 07:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp