韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  スピードを上げる米日半導体同盟、韓国の戦略とは?

スピードを上げる米日半導体同盟、韓国の戦略とは?

米国政府と日本政府が次世代の2ナノメートル(ナノは10億分の1)プロセスの半導体開発を共同で進めることで合意した。2ナノメートル半導体はメモリーのトップを走るサムスン電子や台湾のTSMCも大量生産できない最先端技術だ。日本の複数のメディアは「韓国や台湾よりも最先端の半導体を先に開発することが米日協力の目標」と報じた。韓国や台湾への依存から脱却し、米日中心の半導体サプライチェーンを新たに構築するねらいだ。

インテル、NVIDIA(エヌビディア)、AMDなど世界トップの半導体メーカーを持つ米国はシステム半導体や半導体の設計・開発においては最先端を行く。日本も1990年代中頃から韓国にメモリー市場を譲ったが、半導体製造工程では今も多くの要素技術を保有している。両国が力を合わせて最先端のメモリー半導体開発に乗り出した場合、大きな競争力を確保することが可能だ。1993年以来30年にわたり守ってきた韓国のメモリー半導体覇権が揺らぎかねない事態だ。

半導体産業は今や一つの企業や国の競争というレベルを超え、国家連合間の競争時代に入った。米国・日本連合はもちろん欧州連合(EU)も2030年までに半導体の自給率を20%に引き上げる計画に基づき加盟国間で協力を進めている。

スポンサードリンク
台湾も米国の半導体工場を増設する一方、日本にも半導体工場や研究開発センターを新たに建設している。技術競争の核心的な戦略資産となる半導体産業で優位を占めるため国家間、企業間で激しい合従連衡が行われている。この巨大な流れの中で韓国の半導体産業はあらゆる問題で足をすくわれ苦しんでいる。

住民の反対、敷地の確保、人材不足、大学の定員規制など数え上げればきりがない。これまで米国は韓国の半導体が米国の戦略的利害に反しないと判断し、韓国製DRAMの世界シェア70%の確保を容認してきたが、その米国の態度が変わりつつある。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/05/07/2022050782387.html

2022-04-25-k002.jpg

中央日報は、韓国と米国は昨年5月の首脳会談で半導体・バッテリー協力を強調し、技術同盟と呼ぶレベルの共同声明を発表し、米国は米中覇権競争で勝利するためには韓国のような核心的な同盟国の支援が必要になったと報じている。21世紀の力の源泉は国際政治と軍事外交にとどまらず技術と産業経済分野にまで拡大し、米国が独自ですべてを負担することができないというのが理由だ。

同盟国と技術協力を強化して世界の経営をしなければならない米国の立場で、どの国が良いパートナーになるのか。最初の候補はクアッドとAUKUSの加盟国、英国・オーストラリア・インド・日本。 韓国の製造は日本の製造設備により形成されている。中央日報は自国の生産技術を絶賛するが、日本あっての話となる。

なので今後の動きは、半導体の米国同盟に韓国の立ち位置は難しい。台湾企業が担う技術力に日米が協力すれば、サムスンの生き残りをかける動きも、米国寄りに特化するしかない。

関連記事

[ 2022年05月07日 08:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
軍事用だから
サムスン引き抜き

日米の半導体協力はアプリ開発の話のようで、
製造キャパはあるという前提のようです。
暗黙に軍事用途が含まれるのが見える。
米韓ではこういうパートナーシップは組めない。

文在寅は米韓共同事案をすべてなおざりにした。
サムスンがテキサス工場を立ち上げるが、これは
国家共同ではなくて、サムスン対米国の交渉事案。
サムスンが米国に引き抜かれたという格好だろう。
朝鮮日報だから、そうは書かない。
[ 2022/05/07 10:32 ] [ 編集 ]
日米半導体同盟は韓国が思っている以上に展開が早い。サムスン『御用達』新聞の中央日報はまだ危惧している段階だが、日米台はすでに日米に工場を建て稼働に入る段階だ。サムスンが米国で華々しく打ち上げている投資は線香花火に終わる可能性がある。頭が悪くのろまでチキンな韓国政府がひも付きだ。サムスンは韓国政府の政治道具だし、時の政府におもねるのはサムスンの生き延びる常とう手段だし…両者、覇気なしだ。

中国の半導体技術は韓国より劣等。韓国は台湾に大差負け。韓国は中国の泥棒行為を警戒しているが中国としては韓国より台湾が欲しいだろう。しかし台湾が早々と日米連合に組み込まれたので手が出せなくなった。今後、中国は韓国を中国に引き込む政治行動を取るだろう。反日反米を国上げてやる韓国など簡単に手玉に取れる。

ツートラックなどある日ぺしゃんこさ。韓国は中国に金でがんじがらめにされる。ある日よりなぜかドルが沸いたり消えたり…シグナルが送られ…それは韓国の忍従の幕開けだ。


 
[ 2022/05/08 09:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp