韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国の17.2%の世帯が収入を「借金返済」に充て赤字

韓国の17.2%の世帯が収入を「借金返済」に充て赤字

韓国の全世帯の17.2%の家計が赤字であることが分かった。これは、354万世帯が所得を全て使っても借金返済と必要不可欠な支出をまかなうことが難しい、ということを意味する。ますます高くなる負債の金利と物価のせいで、赤字世帯数はさらに増える恐れがある。

8日に韓国金融研究院が発表した『家計財務状態が赤字の世帯の特徴と改善の方向性』と題する報告書によると、昨年の韓国の総世帯数2052万世帯の17.2%(354万世帯)の家計が赤字。赤字とは、所得を必要不可欠な消費、非消費支出(税金や年金など)、債務の元利金返済に充てればマイナスになる状態をいう。

354万の赤字世帯の平均年間所得は4600万ウォン(約472万円)。しかし、これらの世帯の年間平均元利金(元金+利子)返済額は4500万ウォン(約462万円)で、年間所得の98%に達していた。借金が赤字の最大の原因になっているわけだ。報告書は「金融負債の規模が所得に比べ大きすぎることが、家計の赤字に影響を及ぼしている」と述べている。実際に、金融負債が所得の5倍を超える世帯も赤字世帯の19.3%(68万世帯)を占めた。黒字世帯ではそのような世帯の割合が3.6%に過ぎないのとは対照的だ。

スポンサードリンク
一部の赤字世帯が不足する生活費を賃貸住宅の保証金で充当している可能性も提起された。354万の赤字世帯のうち18.6%(66万世帯)には、住宅を貸すことで受け取った保証金があった。これらの世帯が保証金を生活費として使っているとすると、賃料の下落時には賃借人に保証金を返すことが難しくなり、社会的問題となりうる。

報告書は「赤字でありながら住宅を貸している世帯が、次の賃借人から保証金を受け取ることで以前の賃借人の保証金を返しているのなら、以前の賃借人の保証金は全て賃貸人の赤字の穴埋めに充当された可能性がある」、「賃料の下落時に、転出する借家人に対する保証金の返済が円滑でなくなることで、経済的衝撃へとつながる恐れがある」と懸念を示した。だが、さらに大きな問題は、今後赤字世帯が今よりはるかに増える可能性があるという点だ。昨年8月から韓国銀行が利上げを数度にわたって実施していることで、融資金利も上がり続けている。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43395.html

2022-04-09-k001.jpg

昨年末、韓国の自営業者世帯が27万世帯に達した。これらの世帯が保有している金融負債は、72兆ウォン(約7兆2000億円)に達する。韓国銀行が発表した「2022年3月の金融安定状況報告書」によると、昨年末に金融負債を保有した自営業者世帯のうち赤字世帯は78万世帯で、全体自営業世帯の16.7%に達する。赤字世帯とは、所得から必須支出や融資元利金の返済額を差し引いた値がマイナスの世帯を意味する。これら赤字世帯が保有している金融負債は昨年末現在177兆ウォン(約17兆円)で、全体自営業世帯の金融負債の36.2%を占める。

韓銀は、これらの赤字世帯のうち、赤字を耐える期間が1年未満の流動性危険世帯を昨年末、27万世帯と推定した。前年3月比で1万世帯増加した。これら世帯の金融負債規模も同期間13兆ウォン(約1兆3000億円)増え、72兆ウォン(7兆2000億円)に達する。流動性危険世帯は、コロナで売上回復が遅い宿泊飲食業·教育業を中心に増加している。韓国政府が、小商工人向け融資の満期延長や返済猶予措置を9月まで延長したが、今年の景気変化に伴い、流動性危険世帯の金融負債は昨年末比で1兆~10兆ウォン増加するとみている。

韓銀によると、昨年末、家計と企業負債を合計した民間負債(資金循環表基準)の推定値は4540兆ウォン(約454兆円)で、史上最高値を記録。民間負債は、2020年末より409兆ウォン(約40兆円)増加した。昨年末の家計負債は2180兆ウォン(約218兆円)、企業負債(企業負債)は2360兆ウォンと、それぞれ2020年末より181兆7000億ウォンと227兆6000億ウォン増加。家計負債が膨らんだのは、高騰する住宅価格を確保すると同時に、借金しての投資が原因だ。

関連記事

[ 2022年05月09日 08:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp