韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の貿易赤字が止まらなくなってきたワケ

韓国の貿易赤字が止まらなくなってきたワケ

4月の韓国の貿易収支は3月に続いて赤字に陥った。2021年12月以降、貿易赤字に陥る月が増えている。韓国国内では貿易赤字が一時的なものとは言いづらくなっている。資源を輸入に頼る韓国にとって貿易赤字は経済に大きなマイナスだ。韓国の貿易赤字の一つの重要なファクターは、中国経済の減速によって同国向け輸出が伸び悩んでいることだ。

共産党政権による強引ともいえるゼロコロナ政策、不動産バブル崩壊、およびIT先端企業への締め付けの強化によって中国は、かつてのような高い経済成長率を維持することが難しくなっている。今後、韓国の貿易収支の赤字傾向が続く可能性は高い。 中国経済の減速は、今後、一段と鮮明化するだろう。 また、ウクライナ危機などによって世界的な供給制約は深刻化し、韓国の生産と輸出は停滞した状況が続くと予想される。

他方で、韓国の輸入は輸出を上回るペースで増加するとみられる。輸出によって経済成長を実現してきた韓国経済への逆風は強まる可能性が高い。4月の韓国の輸出は伸び悩む一方、輸入は大きく増えた。 その結果、貿易収支は事前の予想を上回る赤字だった。

スポンサードリンク
中国経済の減速は、韓国経済にとって見逃せないマイナス要因だ。ゼロコロナ政策で中国の港湾施設の稼働率が低下したことや、上海などのロックダウンによって個人消費が減少したことは大きい。 中国の国家統計局および財新とマークイットが発表した、購買担当者景況感指数(PMI)の落ち込みは4月に中国経済が大きく減速したことを示す。

輸入に関しては、ウクライナ危機によって、エネルギー資源や小麦などの穀物の価格が上昇したことが大きい。それに加えて、4月の外国為替市場ではウォン安が加速した。下旬には1ドル=1277ウォン台までウォンが下落した。価格の上昇と自国通貨安によって輸入物価が上昇し、輸出の伸び以上に輸入が増えている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/867ee3e7c1c6b4196b03f30d4259caa5e495c57c

2022-04-22-k001.jpg

記事では、インドネシアによるパーム油の輸出禁止の打撃は過小評価できないと報じている。輸出が伸び悩む一方で、資源高と通貨安によって輸入が大きく増えて貿易赤字が発生するという状況にある。韓国にとって最大の輸出先である中国では、北京などでゼロコロナ政策が続き、動線の寸断により個人消費が減少しており、中国経済の減速は鮮明だ。加えて、米国ではFRBが追加利上げとバランスシートの縮小を急ぎ、個人消費の鈍化を加速するだろう。

半導体や自動車の輸出も弱まる可能性がある。世界の半導体市況は、サムスン電子などが高いシェアを持つメモリ半導体の需給が徐々に緩み始めている。マイコンやパワー半導体、ワイヤーハーネスなどの部品の不足によって、自動車の生産は停滞した状況が継続するだろう。 自動車以外の分野でも、世界的に部品や原料の調達減少は深刻となる。一方、韓国の輸入はこれまで以上のペースで増える。

欧州委員会がロシアへの追加制裁を発表したことで、原油、天然ガス、石炭などのエネルギー資源に加えて木材や穀物の価格は世界的に上昇するわけで、ロシアへの金融、経済制裁は今後も強化され、世界的に物価の上昇圧力は高まり、韓国の輸入物価は上昇基調で推移することになる。

関連記事

[ 2022年05月10日 07:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp