韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  円安加速で、「ドルから円」に乗り換えても良いか=韓国

円安加速で、「ドルから円」に乗り換えても良いか=韓国

為替投資族の注目がドルから円に集まっている。「100円=1000ウォン」の公式が崩れ、10日現在100円=970ウォン台で円安の流れが続いている。このくらいならある程度底なので円反騰を期待することもできるし、「上がらなくても新型コロナウイルスも終わりそうなので日本旅行にでも行けば良い」が円投資家の考えだ。実際にこの2カ月で円預金残高が急増したが、目端の利く人はドル投資で利益を得た後に円に乗り換える傾向ともいう。為替差益は100%非課税という点が最も大きな魅力だ。

円に投資するには最も簡単には実物の円を買う方法がある。直接銀行窓口を訪れるか銀行のモバイル両替サービスを利用すれば良い。為替相場の優待を受けようとするならモバイルを利用するかメーンバンクでするのが有利なことが多い。

また別の方法では外貨通帳がある。外貨通帳は文字通りドルや円などの外貨を入れておく通帳だ。持っている外貨をそのまま入金することもでき、銀行にウォンを入金すれば入金時点の為替相場に基づいて指定する外貨に自動両替してくれる。一般的なドル投資の場合、外貨通帳にお金を入れれば利子収益とともに為替差益をともに得られるが、円の場合は利子収益はほとんどないとみて良い。ドルは証券会社で販売するドルRPやドルELS(株価連係証券)、株式市場でリアルタイムで取引が可能なドルETFなど多様だが、円は事実上実際の円を買って貯めておき、円が上がれば売って為替差益を期待するほかない。

スポンサードリンク
現在の世界的な経済状況と手数料などを考慮すると短期間に円が上がり意味ある為替差益を期待するのは難しいかもしれない。円が安くなったのは事実だが、安いのにはその理由があり、危機時の安全資産としての円の位置付けが以前ほどではないためだ。日本留学中や日本で事業をして実際に円の需要があるのでないならば遠くない時期に日本旅行に行けるほどの投資が良いというある都市銀行PBの言葉をかみしめたい。
https://japanese.joins.com/JArticle/290897?servcode=300§code=310

2022-05-11-k002.jpg

先月下旬から円安ドル高の進行が小休止しているが、今後も円安トレンドが続く可能性は高い。まず、今後も日本・円サイドで円買い材料が現れそうにないためだ。日銀は4月の決定会合で連続指し値オペの毎営業日実施を決定し、少なくとも黒田総裁任期中に緩和縮小へ転じる可能性が低い。また、実需面での円安材料となっている日本の貿易赤字も当面解消が見込みない。制裁を受けるロシアの生産減によって原油の需給はタイトな状況が続き、原油価格が高止まりする可能性が高い。

従って、円安ドル高基調が収まるためには、米国のインフレが抑制に向かうことで米利上げ加速観測が後退したり、米景気減速懸念が台頭したりするなど、米国・ドルサイドでドル売り材料が顕在化する必要がある。FRBが急ピッチの引き締めを続ける以上、いずれは米国のインフレが抑制に向かったり、景気減速懸念が台頭したりする可能性が高いが、足元の情勢を鑑みると、当面そうした事態は見込みづらい。従って、今後夏場までは円安ドル高がさらに進む可能性がある。

関連記事

[ 2022年05月11日 08:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp