韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済副首相「経済状況は厳しい状況」…企画財政部、非常経済対応TF設置

韓国経済副首相「経済状況は厳しい状況」…企画財政部、非常経済対応TF設置

韓国企画財政部(財務省に相当)内の第1次官を中心に経済状況全般を点検する非常経済対応TFが新設される。 11日、企画財政部によると、チュ・ギョンホ(秋慶鎬)経済副首相兼企画財政部長官は前日、部内の懸案点検会議でこのようなTF新設を指示した。

秋副首相は就任初日の10日、大統領就任祝賀会にも参加せず、1級以上の幹部を中心に弁当夕食会を行い物価・補正予算状況、金融・外国為替市場の動向など当面の懸案緊急点検に乗り出した。出席者らは会議で現在、経済が非常に厳しい状況だという認識を共有した。 秋副首相は「企画財政部内の『非常経済対応TF』を設置し、経済状況を総合的に点検して、必要に応じて先制的に対応してほしい」と注文した。

非常経済対応TFは企画財政部第1次官をチーム長として次官補(副チーム長)、経済政策局長、国際金融局長、国庫局長、対外経済局長、予算総括審議官、租税総括審議官などが参加し、同日午後、第1回会議を開催する予定だ。
https://s.wowkorea.jp/news/read/347266/

スポンサードリンク
企画財政部は3月に物価問題に関する関係閣僚会議を主宰し、最近の物価上昇と物価安定化対策を実施している。油類税(ガソリンや軽油に課す税)の20%引き下げ措置と、液化天然ガス(LNG)の関税割当枠内の輸入の無税措置を7月末まで延長する。

2022-05-12-k001.jpg

またネオン、クリプトン、キセノンなど、半導体の製造工程で使用する品目の需給状況の点検を行い、3月中に関税割り当ての適用を検討するとした。飼料、食品の原材料購入資金については、貸出金利を0.5ポイント引き下げ、必要に応じて支援規模をさらに拡大する。さらに大豆の供給価格を2022年内は据え置く。その他、ジャガイモ粉の関税割当枠の1,500万トン増量、チップス用ジャガイモへの関税割り当て適用による枠内の輸入の無税化、調製用ピーナッツの関税割当枠の増量も検討するとした。

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻で国際原油価格が高騰し、今後の景気回復の阻害要因となり得ることから、安定的な物価の管理に注力するとした。現実は難しい事が多々あるわけで、新政権下では、企画財政部内に『非常経済対応TF』を設置し、経済状況を総合的に確認し対応するとしている。 非常経済対応TFは企画財政部第1次官をチーム長として次官補(副チーム長)、経済政策局長、国際金融局長、国庫局長、対外経済局長、予算総括審議官、租税総括審議官などが参加し、第1回会議を開催するとしている。

関連記事

[ 2022年05月12日 07:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp