韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓電、第1四半期の赤字が過去最大の7兆8000億ウォン

韓電、第1四半期の赤字が過去最大の7兆8000億ウォン

韓国最大手の公企業である韓国電力公社(韓電)が、今年第1四半期(1〜3月)だけで過去最大の8兆ウォンほどの赤字を出した。昨年1年間の赤字より、2兆ウォンが多い規模だ。

原材料価格の上昇で燃料価格は高騰したが、政府が庶民物価の負担を懸念して電気料金の引き上げを抑え続け、韓電が原価上昇にともなう損失を抱え込んだ。文在寅(ムン・ジェイン)政府の「脱原発政策」により、比較的安い原発をより多く活用できず、赤字が大きくなったという指摘も出ている。

13日、韓電によると、2022年第1四半期の連結基準の営業損失(暫定値)は7兆7869億ウォンで、昨年同期の営業利益(5656億ウォン)から赤字に転じた。売上は16兆4641億ウォンで、昨年同期比9.1%増となった。純損失は5兆9259億ウォンだった。韓電の今回の営業損失は、四半期基準では最大値となる。

スポンサードリンク
昨年1年間の全体営業損失(5兆8601億ウォン)より2兆ウォンほど多い。最近、原材料価格の高騰による燃料費の上昇が主な要因だった。燃料費(7兆6484億ウォン)と電力購入費(10兆5827億ウォン)はそれぞれ92.8%と111.7%高騰し、赤字幅を拡大させた。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220514/3381697/1

2022-05-15-k001.jpg

韓国水力原子力が、昨年74.5%にとどまった原発利用率を今年は82%まで引き上げる方針だ。原発2基を新たに建設する効果があるという。10日に発足した尹錫悦政権下では、文在寅政権の脱原発政策の白紙化が進む。韓水原は今年の原発利用率(原発設備容量対比電力生産比率)を昨年より7.5%ポイント引き上げる。

文在寅政権は脱原発を掲げ、朴槿恵政権時代に75~85%台だった原発利用率を任期中に65~75%台に下げた。 発足2年目の2018年には利用率を歴代最低水準の65.9%に落とした。以後、発電単価などを勘案して原発稼動を多少増やしたが、昨年も利用率は依然として74%台に止まった。

韓水原は、新政府で原発利用率を高めるため、原発整備にかかる行政期間を減らし、行きすぎた整備規制も緩和するという。文在寅政権の5年間、原発1基当たりの計画整備期間は97日に達した。 米国など先進国の計画整備期間が20日前後にとどまる。韓国の原発業界は、尹政権で原発中心のエネルギー転換計画が本格化すれば、原発利用率が85~90%まで高まる。

新規原発建設がなくても原発利用率を85~90%に引き上げれば(文政権で20%台中後半だった)原発発電比重が30%を越える可能性がある。原発利用率が高くなれば発電単価が低くなり、今年大規模な赤字が予想される韓国電力の営業利益も改善される。

関連記事

[ 2022年05月15日 08:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp