韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  「健康異常説」のプーチン、血液がんか、それとも終戦への願いの反映か?

「健康異常説」のプーチン、血液がんか、それとも終戦への願いの反映か?

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の「健康状態」をめぐり様々な疑惑が持ち上がっている。正確な事実確認が難しいロシアの最高指導者の「健康」に関して様々な説が飛び交っているのは、長期化の兆しをみせるウクライナ戦争の悲劇を止める人物がプーチン大統領しかいないというもどかしい現実の反映とも言える。

最近プーチン大統領の健康異常説に再び油を注いだのは、ウクライナ国防総省のキリロ・ブダノフ軍事情報部長だった。ブダノフ氏は13日、英国の「スカイニュース」とのインタビューで、プーチン大統領が「がんと他の病気で非常に深刻な状態(very sick)」だと述べた。同氏はこのような「衝撃的ニュース」を伝えながらも、これを裏付ける根拠は明らかにしなかった。一方、同氏は3月27日、「ロシアがウクライナでこれまで占領したすべての地域を集めて、朝鮮半島でそうだったように『準国家のような実体』を作ろうとしているのではないか」という懸念を示した。この予測は、ロシアがドンバス地域の二つの州だけでなく、ヘルソン州まで合併を狙っていることが確認され、的中した。

また、米誌「ニューラインズ」は14日、ロシア新興財閥の録音記録を引用し、ブダノフ氏が「プーチン大統領が血液がんにかかって苦しんでいる」とし、「プーチン大統領ががんやクーデターなどで死亡することを願っている」と語った事実を公開した。しかしニューヨーク・タイムズやフィナンシャル・タイムズなどいわゆる有力紙では、プーチン大統領の健康と関連し報道を大きく取り上げていない。

スポンサードリンク
1952年生まれで、今年69歳のプーチン大統領の健康と関連して異常説が本格的に浮上したのは、先月21日、セルゲイ・ショイグ国防相との会談の場面が公開されてからだった。ロシア大統領府が当時公開した12分間の動画では、プーチン大統領が会談を始めた直後から右手でテーブルの端を強く握り、会談の間じゅう離さない姿を確認することができる。

これを見たウクライナのジャーナリストたちがツイッターなどを通じて「ウクライナに侵攻した2月末に比べてプーチン大統領の健康が悪くなったようだ」という書き込みを残す一方、英国のルイス・メンシー元下院議員(保守党)など西欧の関係者たちも「プーチン大統領がパーキンソン病を患っている。テーブルを強く握っているのは右手が震えるのを隠すため」という見解を示した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/43471.html

2022-05-16-k002.jpg

14日英紙「タイムズ」は、米国雑誌「ニューラインズ」が入手した匿名のオリガルヒ(ロシア新興財閥)と西側投資家の電話音声記録を引用し、「プーチン大統領が血液のがんで体調が非常に悪い状況で、ウクライナ侵攻を命じる直前に関連する手術を受けた」と報じた。これに先立ってニューラインズは、このような通話内容を報道じながら、「西側ベンチャー投資家は今年3月中旬、オリガルヒが認知できない状況で該当の対話を録音した」と伝えている。

今月初め、ロシア独立言論「ゼネラルSVR」はクレムリン宮内部の消息筋を引用して「プーチン大統領は医療陣からがんの手術を勧められて日時を議論している」と伝えた。ロシア探査報道メディア「プロエクト(Proekt)」も先月初めにロシア政府の文書分析を通じて「プーチン大統領が2016年から2019年の間に二度にわたって甲状腺がんの手術を受けた可能性が高い」と報じている。プーチン大統領ががんの闘病で健康に深刻な問題がある状況で、すでにロシア指導部交代のための作業が始まったとしている。

関連記事

[ 2022年05月16日 08:19 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp