韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国政治 >  韓米首脳、21日午後90分間会談予定…20日にはサムスン電子訪問か

韓米首脳、21日午後90分間会談予定…20日にはサムスン電子訪問か

尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は21日、ソウル龍山(ヨンサン)の大統領室5階の執務室で、米国のジョー・バイデン大統領と90分間にわたり首脳会談を行う。大統領室は尹大統領就任11日目に行われる今回の韓米首脳会談が、韓米同盟を「包括的戦略同盟」に強化する契機になると強調し、「これまで続いた軍事同盟と韓米自由貿易協定(FTA)を通じた経済同盟に、今回は韓米技術同盟が追加されるのではないかと思う」と述べた。

キム・テヒョ国家安保室第1次長は18日、韓米首脳会談に関するブリーフィングを行い、「政権引継ぎ委の時期から米国側とリアルタイムで協議したため、いくつかの事案を除き、共同宣言文や双方が履行する内容が完成の段階にある」とし、具体的な日程を説明した。

大統領室が同日公開したバイデン大統領の訪韓日程によると、20日午後遅く2泊3日の日程で韓国を訪れるバイデン大統領は、訪韓2日目の21日、ソウル銅雀洞(トンジャクドン)の顕忠院訪問を経て、龍山の大統領室で首脳会談および共同記者会見を行う。午後1時30分に始まる首脳会談は、少人数会談、歓談、拡大首脳会談の順で90分間行われ、その後午後4時頃に共同記者会見が予定されている。キム次長は「単独会談で一番先に確認することは、韓米間の確実かつ実効的な拡張抑止力をどのように強化するのか、アクションプランを示すことだ」と述べた。

スポンサードリンク
21日午後7時からは、国立中央博物館で尹大統領が主催する公式晩餐会が開かれる。韓国側では大統領室関係者や行政府関係者、政界関係者、経済界関係者、文化・スポーツ界関係者など計50人規模の代表団が晩餐に出席する。経済界関係者としてはサムスン電子のイ・ジェヨン副会長や現代自動車グループのチョン・ウィソン会長、LGグループのク・グァンモ会長、SKグループのチェ・テウォン会長など国内4大グループのトップと、全国経済人連合会のホ・チャンス会長や韓国経営者総協会のソン・ギョンシク会長、韓国貿易協会のク・ジャヨル会長、中小企業中央会のキム・ギムン会長、韓国中堅企業連合会のチェ・ジンシク会長など、6大経済団体長も出席する予定だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/43506.html

2022-05-19-k001.jpg

経済において半導体設計は米国が最強であり、ファウンドリー製造工程はサムスンを含む韓国企業が一流技術を保有しており、協力して市場を拡大すれば仕事と雇用が拡大するという尹錫悦大統領の認識がある。半導体に関してはこうした議論が具体化されるだろうと報じられているが、先端バッテリー、エコ技術協力問題、人工知能(AI)、量子技術、宇宙開発などにおいて、米国への投資が主となるのではと予想する。

バイデン大統領の韓国利用において、外資系企業の活用が主となると見る。サムスンを含め、米国への投資はまだ増加できると読んでいる。韓国政府から軍備で金をとるのは国家破綻が見え隠れしているだけに、慎重にならざる負えないのでは…。

関連記事

[ 2022年05月19日 08:28 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp