韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車グループ、「K電気自動車」で21兆ウォン投資、2030年に144万台生産

現代自動車グループ、「K電気自動車」で21兆ウォン投資、2030年に144万台生産

ヒョンデ(現代自動車)と起亜が2030年までに韓国国内の電気自動車工場新増設、研究開発、充電インフラ拡充などの分野に総額21兆ウォン(約2兆1363億円)を投資する。

現代自動車グループは18日、こうした内容を盛り込んだ未来電気自動車投資計画を発表した。今回の投資が完了すれば、蔚山(ウルサン)、牙山(アサン)、華城(ファソン)、光州(クァンジュ)の国内工場で生産する電気自動車の台数は年144万台に増える。今年の韓国での電気自動車生産目標は35万台から4倍に大きくなる。

投資金はひとまず電気自動車生産能力を拡大することに大挙投入される。起亜華城工場内6万6000平方メートルの敷地に数千億ウォンを投じて年間最大15万台の生産能力を備えた新概念の目的基盤車両(PBV)工場を建設する。来年上半期に着工し2025年下半期からの量産が目標だ。起亜が韓国に工場を新設するのは25年ぶりだ。

スポンサードリンク
PBVは名前の通り使用目的が明確な運送手段を意味する。既存の自動車がドライバー中心に設計したとすれば、PBVはデザインと室内空間を変形できるように製作する。自ら移動したり旅客を乗せたり、物を配送するなど別途の目的が存在する自動車だ。電気自動車基盤PBVは自動運転技術と結合しロボタクシーや無人貨物運送など未来の移動手段として活用される見通しだ。

起亜はひとまず華城(ファソン)工場で中型クラスのPBVを生産する予定だ。起亜のソン・ホソン社長は「短期的にPBV新市場を開拓し、中長期的に世界にPBVを供給するために工場を新設する」と説明した。
https://japanese.joins.com/JArticle/291206?servcode=300§code=320

hyundai-1.jpg

現代自動車と子会社の起亜は18日、2030年までに国内の電気自動車(EV)分野に21兆ウォン(約2兆1400億円)を投資する計画を発表した。30年には年間144万台のEVを国内で生産する計画だ。今年の国内でのEV生産予定台数(35万台)の4倍以上で、両社の30年時点のEV世界生産目標(323万台)の半分となる。

両社は大型投資で、国内のEV生態系(エコシステム)を高度化し、世界における自動車産業の革新をリードするハブとしての役割を強化すると説明している。投資分野はEVの生産設備拡充にとどまらず、研究開発(R&D)、インフラ整備、関連新産業の模索など多岐にわたる。

関連記事

[ 2022年05月19日 08:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
将来EV車生産拡大に暗雲
ヒョンデ自動車が今後10年で世界のEV車生産のトップを狙う意気ごみだが、リチウム原料が高騰し、生産にブレーキが掛かり、さらに発電能力がEV車拡大に追いつけず大量販売も見込めない。
世界中がEV車一辺倒に突っ走って居るが、そのしっぺ返しが来る。
HV車、PHV車、BEV車、水素発電車、水素エンジン車、バイオ燃料車等バランスを考えるべきだ。
[ 2022/05/19 11:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp