韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  米国の緊縮と中国の封鎖などで韓国株式市場が萎縮し、100万ウォン超の「皇帝株」が消えた

米国の緊縮と中国の封鎖などで韓国株式市場が萎縮し、100万ウォン超の「皇帝株」が消えた

米国の攻撃的な緊縮行動とウクライナ事態の長期化などにより韓国国内の証券市場が大きく萎縮し、1株当り100万ウォンを越える「皇帝株」が姿を消した。18日、韓国取引所によると、同日の終値を基準で、国内証券市場で1株当たり100万ウォンを超える銘柄は皆無だった。昨年は計5銘柄が100万ウォン超えを記録した。

現在、株価が最も高い泰光(テグァン)産業は、前日より0.6%安の1株99万ウォンで取引を終えた。泰光産業は今月10日、100万ウォンを割り込んだ後、90万ウォン台に止まっている。昨年6月7日(130万ウォン)に比べると、23.8%下落した。LG生活健康は、昨年7月、株価が1株177万ウォンまで高騰し、最高の皇帝株に挙げられたが、同日は67万7000ウォンにまで下落した。昨年の高値に比べ61.8%暴落した水準だ。今年に入って、中国が封鎖措置を強化し、中国市場への依存度の高い化粧品の売上が直撃を受けた。

スポンサードリンク
昨年2月に皇帝株の列に加わったLG化学は、バッテリー事業部門であるLGエネルギーソリューションが分社後、ピーク時に比べて半分の1株51万2000ウォンに下落した。昨年、しばらく100万ウォンを上回った三星(サムスン)バイオロジックス(79万3000ウォン)とNCソフト(43万5500ウォン)も、ピーク時に比べてそれぞれ21.6%と58.0%下落した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220519/3392365/1

2022-05-20-k005.jpg

ニューヨーク株式市場でナスダック総合指数が急落したことを受け、韓国を代表する成長株に挙げられるネイバーとカカオの株価も下落した。19日午前10時14分現在、韓国株式市場でネイバーは前日終値比5500ウォン(1.99%)下落した27万1000ウォンで取引されている。ネイバーは一時26万6500ウォンまで落ち、52週最安値となった。

カカオも同比1900ウォン(2.30%)下落の8万700ウォンで取引中だ。カカオも一時8万ウォンまで値下がりし、52週最安値。18日(現地時間)のナスダック総合指数は566.37ポイント(4.73%)安の1万1418.15で引けた。

関連記事

[ 2022年05月20日 08:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
秋には景気悪化
株価動向
1月ー5月の変化をみると、
日本 日経平均 28,000→27,000 ▲3,6%
韓国 KSOSPI  3,000→2,600 ▲13%

並行して流れるニュースは、
「上場企業、最高益を更新へ 3月期決算」
トヨタ純利益2.8兆円、過去最高
日韓ともに、今期は厳しくなるようで。
[ 2022/05/20 17:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp