韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  バイデン大統領が最初の日程でサムスン半導体工場を訪問した理由

バイデン大統領が最初の日程でサムスン半導体工場を訪問した理由

新型コロナ拡大以降、半導体不足で米国内の自動車工場ラインが停止し、バイデン政権の危機感はさらに強まっった。バイデン大統領は「新型コロナで適時生産方式サプライチェーンの脆弱性が浮き彫りになった」とし、自動車をはじめ消費財などの需給不安定を招いたと指摘した。

米国で半導体生産を復活させるというバイデン政権の野心に満ちた計画を具体的に後押しした事例が、サムスン電子のテキサス州半導体工場投資発表だ。サムスン電子は昨年11月、20兆ウォン(約2兆円)を投資して新規半導体工場を建設すると明らかにした。11月の中間選挙まで5カ月を残したバイデン大統領には直接的、現実的な理由もある。米国内への投資誘致と雇用創出で大きく落ちた支持率を引き上げるという考えだ。ホワイトハウスはこの日、報道資料で「バイデン大統領がアジア歴訪の最初の日程で、サムスンがテキサスに建設する半導体工場のモデルを見学した」と伝えた。

サリバン大統領報道官も前日の記者会見で、平沢キャンパスについて「サムスンが米国に建設する施設と非常に似たモデル」とし「数十億ドルの対米投資は米国人に良質の職場とサプライチェーンの弾力性を提供するという意味がある」と説明した。

スポンサードリンク
バイデン政権は「中産層のための外交(Foreign Policy for the Middle Class)」を強調してきた。トランプ前大統領が「米国優先主義(America First)」を叫んで外交を軽視したとすれば、バイデン政権は対外的には米国の世界舞台復帰を知らせながら(America is back)、国内的には米国人の生活を実質的に改善して国民に恩恵が行き渡る外交を約束した。サムスンのテキサス州半導体工場投資とヒョンデ(現代自動車)のジョージア州電気自動車工場新設計画は「中産層のための外交」の成果の事例となる。
https://japanese.joins.com/JArticle/291288?servcode=A00§code=A20

2022-05-21-k003.jpg

バイデン大統領は20日午後5時23分頃に京畿道烏山の米空軍基地に到着し、近くにあるサムスン電子半導体工場(サムスン平沢キャンパス)に直行した。米国の大統領が韓国滞在中の最初の日程で韓国企業を訪問するのは異例だ。バイデン大統領は演説で、価値を共有する韓国のような国々と協力し、サプライチェーンの回復力を高めることが重要と話している。またダイナミックな民主国家の韓国はグローバル革新の動力となり、サムスンのように技術と革新を引っ張る企業は両国が目指す方向へと未来を導く重要な力になるとの考えを示した。

バイデン大統領は22日に韓国の企業経営者との懇談会に出席し、烏山空軍基地航空宇宙作戦本部に立ち寄ってから日本に向かう。 バイデン大統領の来韓について中国外交部報道官は20日のブリーフィングで、地域の各国と共に密かに分裂と対抗の策略を図るようなことはせず、閉鎖的で排他的な小グループを作るなとけん制した。

関連記事

[ 2022年05月22日 08:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
まだ無方針
尹錫悦大統領は自分の立ち位置をずっと
模索中なようで、無色無策状態が続いている。
米国は、どう付込んでやろうかと、虎視眈々。
米国へ韓国産業引き抜きはまだ続く。
[ 2022/05/22 12:01 ] [ 編集 ]
韓国は何かというとサムスンを持ち出すが、米国に投資している国はごまんとある。多くの投資案件の中でサムスンの占める割合は手柄話のように誇るほどではない。台湾より半導体技術が劣り、日米台半導体連合に組入れしてもらえなかった現況は米大統領の視察ごときで覆られない。サムスンの韓国工場は、米国の立場としては対中国リスクの増大である。いざ何かあれば中国はこれを手に入れるだろう。

韓国の役割は台湾が担う。日米・台安保強化で中国は台湾に手が出せなくなった。一方、韓国は日米韓の三か国軍事訓練を拒否している。三不の誓いをありがたく結ぶ腰抜け韓国の運命は中国が握る。

バイデン米大統領の心中は『韓国はカン違いがひどく、さらに困った国になった』だろう。
[ 2022/05/22 18:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp