韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  三星・現代自・ロッテ・ハンファが600兆ウォンの超大型投資計画を発表

三星・現代自・ロッテ・ハンファが600兆ウォンの超大型投資計画を発表

三星(サムスン)や現代(ヒョンデ)自動車、ロッテ、ハンファなど、韓国の大手企業各社は24日、600兆ウォンに迫る超大型投資計画を発表した。半導体やバイオ、モビリティ、エネルギーなど未来の韓国経済を担う先端産業に先制的に投資し、グローバル市場で優位を占めるという狙いと解釈される。

三星は同日、未来産業の育成に向け、2026年までの5年間、計450兆ウォンを投資する計画だと明らかにした。このうち、国内投資額は360兆ウォンで、全体の80%に上る。三星は今回の投資で、メモリ半導体市場で超格差を維持し、ファブリス(半導体設計)とファウンドリ(半導体の受託生産)市場でもグローバル競争力を高める方針だ。バイオと人工知能(AI)、第6世代(6G)通信分野でも攻撃的な投資を続ける計画だ。

現代自動車と起亜(キア)、現代モービスは2025年までの4年間、国内だけで63兆ウォンを投資するという青写真を公開した。電気自動車や水素電気自動車、ハイブリッドなどのエコ事業の高度化などに16兆2000億ウォンを投資し、未来航空モビリティや自動運転などにも投資を続ける方針だ。

スポンサードリンク
ロッテは、バイオ工場の新設と大規模な複合モールの開発など、未来産業と既存産業の力量強化に5年間37兆ウォンを投資する計画だ。地域経済と未来産業生態系の造成、スタートアップ育成などにも投資を行う予定だ。ハンファは、エネルギーと炭素中立、防衛産業・宇宙航空などに、5年間、国内での20兆ウォンを含め、計37兆6000億ウォンの投資を行うと発表した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220525/3405319/1

2014-05-09-sam.jpg

サムスングループは24日、今後5年間で設備投資や研究開発に450兆ウォン(約45兆円)を投資すると発表した。過去5年間の投資実績330兆ウォンから36%積み増す。韓国では新政権発足後に政府の歓心を買おうとする「ご祝儀」発表が慣例化しており、財閥企業の投資計画表明が相次いでいる。サムスンは450兆ウォンのうち、80%に相当する360兆ウォンを国内に投じるという。世界で若年者雇用を進め、5年間で8万人を新規採用する目標も明らかにした。

主な投資先は、サムスン電子の半導体事業とサムスンバイオロジクスのバイオ医薬品の受託生産事業、サムスンSDIの車載電池事業だ。半導体メモリーの増産のほか、半導体受託生産での最先端ラインの研究開発や設備増強に充てる。バイオ医薬品分野でも欧米の製薬大手からの受注増が続いており、生産設備の拡張を急ぐ。

足並みをそろえるように、現代自動車も24日、グループ企業の起亜と現代モービスの3社で25年まで国内に63兆ウォンを投資すると発表した。ロッテグループは今後5年間で37兆ウォン、ハンファグループも5年間で37兆6千億ウォンの投資をそれぞれ発表。SKやLGも投資計画を出す予定だ。

関連記事

[ 2022年05月26日 08:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
株価対策w
[ 2022/05/26 08:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp