韓国経済ニュース

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済ニュース TOP  >  韓国政治 >  「クアッド」へとつながる韓米の連携強化に不安…中国による韓国けん制が本格化

「クアッド」へとつながる韓米の連携強化に不安…中国による韓国けん制が本格化

米国のジョー・バイデン大統領の韓日歴訪スケジュールが確定する中、中国のけん制が本格化しつつある。 韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の就任直後に開かれる韓米首脳会談で、韓国と米国の絆が強まるだろうという予想に加えて、中国けん制のための連合体「クアッド(Quad)」に韓国が漸進的に加入する可能性まで取り上げられ、不満に思っている中国の胸の内がうかがえる、と解釈されている。

中国外交部(省に相当。以下同じ)の汪文斌報道官は28日の定例ブリーフィングで、バイデン大統領の韓日歴訪についての論評を要求されると、「閉鎖的かつ排他的な小グループを作って地域国家間の相互信頼と協力を害してはならない」と返答した。続いて、米国・豪州・日本・インドの対中連合体「クアッド」について「古い冷戦的思考で満ちている」とし、「軍事的対決の色彩が濃く、時代的潮流にも逆行し、支持を得ることはないだろう」と評した。

バイデン大統領の東アジア歴訪中に行われる韓米、米日首脳会談とクアッド首脳会談は中国を意識したものである-との見方を隠さなかったのだ。特に、尹次期大統領が候補時代に「加入したい」と公約したクアッドに対する中国外交当局の言及は、韓国の次期政権に対するけん制とも解釈される。

スポンサードリンク
中国の国営メディアや専門家らも最近、韓国の戦略的自主性に言及して韓国を圧迫している。中国国営の英字メディア「グローバル・タイムス」は4月27日、黒竜江省社会科学院北東アジア研究所長の話を引用し、岸田文雄首相が韓国側の使節団と会った席で「韓米日3国の戦略的提携」を強調したことをめぐって「岸田発言は韓国をクアッドに引き入れ、ロシアとウクライナの問題で協力を引き出すためのもの」と主張した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/04/30/2022043080040.html

2022-05-26-k005.jpg

クアッドは『アジア版NATO』であり、台頭する中国をけん制しようというものだ。24日にソウル市内のコリアナホテルで開催された国際セミナー「インド太平洋と韓中日関係」で、韓中日3か国の専門家は、クアッド(米日豪印による安保協議体)首脳会議の開催とインド太平洋経済枠組み(IPEF)の発足をめぐって正面から衝突した。日本を訪れていたバイデン米大統領はこの日、東京で開催されたクアッド首脳会議に出席した。

一方今回のセミナーは、韓国グローバル戦略協力研究院(黄載皓院長)と、日本の慶應大学現代韓国研究センター、中国社会科学院日本研究所が共同で主催し、中国と日本の出席者は映像で討論に参加した。中国社会科学院日本研究所の張勇研究員は発表で、「クアッドとIPEFは経済安保同盟であり、科学技術分野で脱中国をもくろむ排他的な国際秩序で、韓国と日本が米国の力を借りて中国けん制という戦略的な目標を達成しようというものだ」と主張した。

中国社会科学院アジア太平洋・グローバル研究院の王俊生研究員は、韓日両国のIPEF参加について、「中国のアジア太平洋戦略の核心は開放であり、韓中日はすでに地域的な包括的経済連携(RCEP)に加入している。IPEFに参加することでこれ(RCEP)を放棄すれば、韓国や日本にとっても不利に作用するだろう」と指摘している。

関連記事

[ 2022年05月26日 08:16 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp