韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差となる共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差となる共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

ジョー・バイデン米大統領の日韓歴訪が終わった。日本訪問では、日米首脳会談後の共同記者会見で、「台湾防衛への軍事的関与」を明言して中国を牽制(けんせい)したうえ、日本と米国、オーストラリア、インドによる戦略的枠組み「QUAD(クアッド)」首脳会合でも、強い存在感を発揮した。自由主義諸国のリーダーとして、ロシアによるウクライナ侵攻のような事態を、二度と許さない姿勢を明確にした。ジャーナリストの室谷克実氏は、バイデン氏の韓国訪問と日本訪問を比較して、「国格」の違いを指摘し、韓国側の嫉妬と〝悪立ち回り〟への警戒を呼びかけた。

バイデン氏の韓国訪問と日本訪問―。その内容を見れば、「質的に大きな差があった」といった表現には大きな違和感がある。質的どころか、「次元レベルの大きな差(懸隔)」があったと見るべきだ。言うならば、韓国は「前座のお話し相手」に過ぎなかった。韓国が、中国の視線にオタオタしていることは明白だ。それで話の中心は「米国と韓国は仲良くしましょう」という曖昧模糊としたものになった。緊張するテーマを話し合う相手は、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領ではなく、日本の岸田文雄首相だった。もちろん、2国間の問題も話し合われたが、視界はワールドワイド。とりわけ、「対中国」だった。

スポンサードリンク
韓国の多くのメディア報道によれば、米韓首脳会談では、恒久的な通貨スワップに準じる措置が合意され、日米豪印のクアッド本体ではなく、ワーキンググループへの参加の道が開かれるはずだった。クアッドはそもそも「対中目的」だから、本体に加わるような度胸は韓国にはない。ところが、ワーキンググループに関しても、米高官から早々と「韓国なんて、お呼びでないよ」とやられてしまった。米韓共同声明をいくら読んでも、「スワップ」の文字は出てこない。
https://www.zakzak.co.jp/article/20220526-6SLENVK5NJNGJO7R5TD3RYPS4Y/

2022-05-14-k003.jpg

今回の歴訪は、米国は新たなアジア戦略を発信する狙いと、地域最大の同盟国、日本と韓国との結束を示し、欧州の危機下でも中国への対抗に注力する姿勢となる。 米韓が出した共同声明には、様々な同盟の強化策が盛り込まれた。とりわけ半導体の供給をめぐる経済安保の協力を強調したのは、中国との技術覇権争いをめぐる牽制に他ならない。と同時に米国への投資も兼ねている。

韓国外資系企業は米国に投資せよという事だ。一方日米は別の思惑があり、日本と米国、オーストラリア、インドによる戦略的枠組み「QUAD(クアッド)」首脳会合で、自由主義諸国のリーダーとして、ロシアによるウクライナ侵攻のような事態を、二度と許さない姿勢を明確にした。バイデン氏の韓国訪問と日本訪問を比較して、「国格」の違いを見せつけた形となった。

関連記事

[ 2022年05月26日 08:32 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
RCEP効果
米韓同盟の課題順序は、クワッドが先で、スワップが後になる。
中韓通貨スワップがあるから、中国は米韓スワップは要らないと押してくる。
経済分野は、そろそろRCEPの効果が現れるのではなかろうか。
[ 2022/05/27 17:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp