韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、中国「ビッグ4」の挟み撃ちを突破して東南アジアのスマホ市場で1位

サムスン電子、中国「ビッグ4」の挟み撃ちを突破して東南アジアのスマホ市場で1位

サムスン電子が今年1-3月期の東南アジア主要国スマートフォン市場で1位を守るか奪還した。Galaxy(ギャラクシー)S22とGalaxyAシリーズを前面に出して中国「ビッグ4」〔シャオミ(小米)・OPPO・Vivo・Realme〕の挟み撃ちを跳ね除けた。

27日、市場調査企業カウンターポイントリサーチによると、サムスン電子は1-3月期のベトナムスマートフォン市場でシェア30.8%で1位を守った。シェアは前年同期比1.1%ポイント下落したが、中国ブランドと少なくとも10%ポイントを越える格差を維持した。シャオミは前年同期比8.4%ポイント急増した20.6%で2位に入った。OPPOのシェア(14.4%)は同期間7.2%ポイント下落した。次はVivo(11%)・Realme(6.2%)となった。カウンターポイントリサーチは「サムスンはGalaxyAシリーズとGalaxyS22、特にS22Ultraの人気に乗って1位を維持し、シャオミはRedMi9シリーズと最近発売したRedMi Note11販売が増えたと分析した。

サムスン電子はフィリピン市場でもシェア26.4%で1位を守った。サムスン電子のシェアは前年同期比4.1%ポイント上昇した。Realmeは昨年1-3月期より2.5%ポイント上昇した21%で2位に入った。3~4位のOPPO(15.4%)とVivo(14.4%)のシェアは前年同期比それぞれ4.3%ポイント、0.8%ポイント下落した。シャオミのシェアは9%で同じ期間4.8%ポイント上昇した。カウンターポイントリサーチは「サムスンは2022年1-3月期に新たに発売したGalaxyS22とGalaxyAシリーズの興行のおかげで1位を維持した」と分析した。

スポンサードリンク
タイのスマートフォン市場ではサムスン電子が1-3月期シェア18.7%でOPPO(17.4%)を抜いて1位を奪還した。サムスン電子のシェアは前年同期比0.3%ポイント増え、OPPOは4.2%ポイント下落した。続いてVivo(14.8%)、Realme(11.1%)、シャオミ(10.4%)となっている。

一方、1-3月期における東南アジア主要国のスマートフォン出荷量は大幅に減った。ベトナムは前年同期比3%、前四半期比13%減少した。フィリピンとタイは前四半期に比べてそれぞれ13%、10%減った。ただし、5Gスマートフォンの比重は着実に増加している。1-3月期、タイ全体スマートフォン市場で5Gフォンが占める比率は48%だった。フィリピンとベトナムはそれぞれ27.3%、23%となっている。
https://japanese.joins.com/JArticle/291548?servcode=300§code=320

2015-04-22-sa.jpg

市場調査会社「Counterpoint Research」によると、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナムの東南アジア主要4カ国で2021年第1四半期、スマートフォンの販売台数は前年同期比34%増の2700万台に達した。中でもオンラインによる販売台数が前年より72%増加し、市場全体の16%を占めた。シェア1位は22%と躍進した「OPPO」で、2位は19%の韓サムスン電子、3位は16%の「vivo」、4位は13%の「シャオミ(小米)」、5位は11%の「realme」で、2位のサムスン電子以外はすべて中国メーカーだ。

記事でサムスン1位と言うが利益ではない。出荷台数なわけで、低価格スマホの投げ売りはいまだ継続中だ。勿論赤字でしかない。また莫大な広告費を必要とするサムスンは、スマホ利益が良かったのは、初期のgalaxyシリーズのみで、現実は半導体事業にカジ取りせざる負えなかった事情がある。今のスマホにおいても、低価格スマホは宣伝用の配布レベルでしかなく、ハイレベルスマホが大きく売れているわけでは無い。

関連記事

[ 2022年05月28日 08:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp