韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  中東で韓国に「12兆ウォン」原発入札参加要請

中東で韓国に「12兆ウォン」原発入札参加要請

中東の国が韓国に約12兆ウォン(約1兆2000億円)規模の原発建設事業への参加意思を問う入札参加要請を送ったことが確認された。

原発業界などによると、最近、韓国電力に1.4GW規模の原発2基建設事業に対する入札参加を要請した。該当国は韓国の最初の原発輸出となったアラブ首長国連邦(UAE)原発事業の成功事例を高く評価している。ある原発企業の関係者は「秘密維持契約もあり、韓国が入札で最終的に選ばれるためにも、該当国がどこかは明らかにできない」と話した。

これに先立ち韓国は2018年から米国・中国・フランス・ロシアなどと共に予備事業者としてサウジアラビア原発事業の受注戦をしてきた。今年1月、文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は中東歴訪で「原発セールス」をした。韓国は李明博(イ・ミョンバク)政権当時の2009年にUAE原発輸出契約をし、その後186億ドル(約23兆ウォン)を投じて韓国型原子炉(APR1400)4基を竣工した。

スポンサードリンク
中東原発事業の入札が増え、尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の原発輸出計画も本格化する見込みだ。政府は脱原発政策の廃止と原発の輸出産業化を国政課題とした。2030年までの原発10基輸出を目標にしている。政府は原子炉、資機材、運営・保守サービスなど幅広い分野で原発輸出を進める計画だ。このため政府と韓電・韓国水力原子力、金融機関などは「原発輸出戦略推進団」設立を準備している。
https://japanese.joins.com/JArticle/291686?servcode=300§code=300

2022-06-01-k005.jpg

サウジアラビアが、韓国に約12兆ウォン(約1兆2000億円)規模の原子力発電所建設の入札参加要請書を送ったことが31日、確認された。2030年までに原発10基の輸出を目標に掲げた尹錫悦政権は、サウジ原発の受注戦に総力を傾けるとみられる。韓国経済新聞の取材を総合すると、サウジ政府は先週、韓国水力原子力に1.4GW規模の原発2基建設の意思を打診する入札参加要請書を送った。

サウジが、入札参加要請書を送った国は、韓国、フランス、中国、ロシアの4か国。サウジは2018年、原発建設の意思を打診した際、予備事業者に含めた米国は今回、除外した。サウジは、韓国については、初の原発輸出事例であるUAE(アラブ首長国連邦)バラカ原発の成功的な運営と価格競争力を高く評価しているという。

関連記事

[ 2022年06月01日 08:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp