韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  ロシア産石油制裁、「産地ロンダリング」で抜け穴だらけ

ロシア産石油制裁、「産地ロンダリング」で抜け穴だらけ

米国と欧州がウクライナを侵略したロシアに対する制裁で石油輸出を阻んでいるが、いわゆる「産地ロンダリング」を経て依然として取り引きされていると、ウォール・ストリート・ジャーナルが1日(現地時間)付で報道した。

同報道によると、ロシアに対する制裁以降、国際石油企業らはロシア産原油をガソリンや軽油、または他の化学物質などに精油し、産地を曖昧にしてから取引しているという。このような取引にはインド企業が主要な役割を果たしていることがわかった。インドに到着したロシア産原油が精油過程を経て、スエズ運河と大西洋を渡り、米国まで運ばれているということだ。

この過程で石油を公海で密かに別の船に積み替える(いわゆる「瀬取り」)方式も動員されている。すでに国際制裁を受けている北朝鮮やイラン、ベネズエラが、国際監視網をくぐりぬけて石油取引をする時によく使う方法だ。このような手口は主に地中海や西アフリカの海、北海などで行われており、このように積み替えられたロシア産原油は中国、インド、欧州に持ち込まれている。

スポンサードリンク
そのため、ロシアの石油輸出は西側諸国のロシア制裁が初めて始まった3月には急減したが、1カ月でほぼ回復した。4月のロシアの石油輸出量は侵略以前の水準である810万バレルに達している。この過程で大きな役割を果たしたのがインドの輸入増加だった。インドのロシア産石油輸入量は、戦前の1日3万バレルから最近は80バレルへと26倍以上急増した。ロシアが、西側諸国の制裁で輸出の道が閉ざされた石油をブレント原油より1バレル当たり35ドルも低い値段でインドに販売しているためだ。

これを受け、インドの精油輸出は戦前より欧州では3分の1、米国では43%も増えた。ロシアから安価な原油を持ち込んでガソリンや軽油などで精油した後、最近急騰した相場で大量輸出し、大きな利益をあげているものとみられる。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/43647.html

2022-06-03-k001.jpg

ウクライナに軍事侵攻したロシアに対し、西側諸国は結束して経済制裁を続けている。しかし、ロシアは抜け道を探し、制裁から逃れようとしている。マネーも、オイルも、穀物も「ロンダリング」されているという。「ロンダリング」とは、もともとは洗濯のこと。洗い流してきれいにする、というのが原意だ。不正な行為で得たものを、不正ではないかのように装う場合に使われるようになった。

ニューズウィークは4月20日、「NY高級マンション所有者はロシア人だらけだった」「オリガルヒたちのマネーロンダリングに米司法当局の手が迫る」という記事を公開している。オリガルヒとはソ連崩壊後、国有資産の民営化を通じて巨万の富を築き上げた新興財閥の大金持ちのこと。彼らが近年、NYの高級マンションを買いあさり、「NYの新しい王」になっているというのだ。豪華ヨットや自家用機、高級車など多数の資産も有しているそうだ。

「ロンダリング」は石油にも及んでいる。日本政府はすでに欧米の先進国と協調してロシア産石油を原則禁輸とする方針を明らかにした。5月12日のテレ東BIZによると、日本の原油輸入量のうちロシア産は3.6%を占め、国別では第5位。ロシアの原油生産拠点の一つとなっている「サハリン1」には、日本の大手商社も参画している。ロシア産原油を禁輸にした場合、日本の権益を失うだけでなく、代替調達先の確保が必要となる。「脱ロシア」を宣言している各国と、結果、奪い合いになる。

関連記事

[ 2022年06月03日 10:22 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp