韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  8月からソウル江南26の主要道路で「自動運転タクシー」運行予定

8月からソウル江南26の主要道路で「自動運転タクシー」運行予定

8月からソウル江南(カンナム)のど真ん中で自動運転タクシーを利用できるようになる。当該免許を受けた車両は現在4台だけだが、ソウル市は運行台数を徐々に増やしていく計画だ。 

ソウル市は9日「乗客の出発地と目的地によって自らリアルタイムで最短経路を探して移動する自動運転タクシー『ロボライド』を8月からモバイルアプリを通じて利用できるようにする計画」だとし、「これから2カ月間、自動運転の専門家や現代自動車関係者などが搭乗・点検し、技術とサービスを補完する予定」だと発表した。

現在、ソウルは「自動運転自動車テスト運行地区」の上岩洞(サンアムドン)の2つの路線(4台)で自動運転自動車を運行している。ソウル市の交通情報課のイ・スジン課長は「従来の『上岩自動運転自動車』は定められた経路だけ循環運行するのに比べ、今回の『江南自動運転タクシー』は圏域内の主要道路で経路の制限なく走る」と説明した。

スポンサードリンク
運行範囲は段階的に広げる。今年テヘラン路や江南大路(カンナムデロ)、永東大路(ヨンドンデロ)、彦州路(オンジュロ)、南部循環路(ナムブスンファンロ)など26つの道路(48.8キロメートル)を皮切りに、来年は島山大路(トサンデロ)、狎鴎亭路(アックジョンロ)など32つの道路(76.1キロメートル)まで運行エリアを拡大する。ソウル市のオ・セフン長やウォン・ヒリョン国土交通部長官、コン・ヨンウン現代自動車社長らは同日午前10時、江南区のテヘラン路のポスコの交差点で、ロボライドにテスト試乗した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/43715.html

2022-06-10-k003.jpg

早ければ今年8月にソウル市民はサンアム(上岩)に続きカンナム(江南)でも自動運転タクシーに乗ることができる。アプリで呼び出せば複雑な江南圏の道路でも「ロボライド」(自動運転タクシー)が乗客の出発地と目的地に合わせ最短経路を探して運行する。ソウル市長は9日、自動運転タクシー「ロボライド」に乗客第1号として乗車し、自動運転サービスの開始を知らせた。同席した国土交通部長官とともに、本格的なサービスの開始を前にした最終点検を実施した。

上岩などでは、初めて施行された自動運転車の運行が決められた路線を走るシャトル形態だったならば、「ロボライド」のサービスは決められた路線がなくリアルタイムで交通状況に合わせ自由に経路を変えながら運行するという。だが安全な運行のため安全要員(非常運転者)が乗車し緊急状況に対処するとの事。市は反復的な実証を通じ安全要員の介入を順次減らしていく計画としている。

関連記事

[ 2022年06月10日 08:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp