韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  ロシア大統領府、「ロシア領土を取り戻そう」という趣旨の発言を公開

ロシア大統領府、「ロシア領土を取り戻そう」という趣旨の発言を公開

ロシアのプーチン大統領がロシア帝国の門を開いたピョートル1世の功績に触れ、現代のロシア人もロシア領土を取り戻すべきだという趣旨の発言をした。ロシアのウクライナ侵攻を正当化するような発言だ。

ロシア大統領府が公開した内容によると、プーチン大統領は9日、モスクワで開かれた「若い経済人および科学者との対話」で、ピョートル1世がバルト海の地域主導権をめぐってスウェーデンと行った大北方戦争に触れ、「ピョートル大帝が(スウェーデンで)何かを奪ったわけではなく、取り戻したのだ」と述べた。「彼が新しい首都(サンクトペテルブルク)を作る時、欧州のどの国もこの地域をロシアの領土と認めず、スウェーデンの領土と見なしていた」とし、「しかしスラブ族は、そこ(サンクトペテルブルク)で太古の時代から暮らしていた」と語った。「彼は(ロシアの領土を)取り戻し、(ロシアを)強化した」と強調した。

「ピョートル大帝」とも呼ばれるピョートル1世は、モスクワからサンクトペテルブルクに首都を移し、急進的西欧化政策を推進してロシアの発展を図った人物。黒海の主要港を掌握してロシア帝国海軍の土台を築き、ロシアを欧州の列強の位置に押し上げた。しかし、ピョートル1世が施行した強制労働と強制移住で多くの人々が犠牲になったという否定的な評価もある。

スポンサードリンク
さらにプーチン大統領は「(ロシアの領土を)取り戻し強化することは明らかに我々の責務でもある。このような基本的価値を我々の存在の基礎とするという原則に基づいて事を進めていけば、目標の達成に成功するだろう」と述べた。 ロシアのウクライナ侵攻には直接言及しなかったが、ピョートル1世の領土拡大とウクライナ戦争を結び付け、正当化しようとするような内容だ。プーチン大統領は同日、ピョートル1世生誕350周年を記念して開かれた展示会も視察した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/43728.html

2022-06-11-k001.jpg

ロシアによるウクライナ侵攻が始まり、すでに100日が過ぎたが、依然として、停戦の見通しは立っていない。この戦争の影響で、今後、世界的な規模で、深刻な食糧不足や食糧価格の高騰が起きることが懸念される。ロシアとウクライナは、世界有数の穀物輸出国。ウクライナで戦闘が続いていることから、黒海を通る穀物の輸送ルートが遮断されているほか、ことし春の作付けも滞り、夏以降の収穫にも大きな影響が出る。

また、ロシアも輸出制限をしており、トルコの仲介で8日、双方の外相同士が協議したが、明確な打開策を見出すことはできなかった。この戦争がもたらす食糧危機の問題は、今、世界的にクローズアップされ、国連のグテーレス事務総長は、「このままでは、世界的な食糧不足に陥り、飢餓や飢きんが、何年も続くおそれがある」と強い危機感を示している。

関連記事

[ 2022年06月11日 07:57 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
歴史プロパガンダ
習近平に感化?露版「国恥地図」
[ 2022/06/12 11:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp