韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  SKハイニックスが現存最高のDラム「HBM3」の量産開始

SKハイニックスが現存最高のDラム「HBM3」の量産開始

SKハイニックスは、現存する世界最高性能のDRAM「HBM3」(写真)の量産を開始し、米半導体メーカー・NVIDIAに供給すると、9日明らかにした。昨年10月末に世界で初めてHBM3を開発してから7ヵ月ぶりのことだ。HBMは、複数のDRAMを垂直につなげて、従来のDRAMよりデータの処理速度が速い高性能製品だ。1秒で819GB(ギガバイト)のデータを処理できる。フルHD映画163本を1秒で伝送できる。

最近、グローバルビッグテック企業は、急増したデータを迅速に処理する案を探すのに血眼になっている。SKハイニックスが、データ処理速度と性能を改善したHBM3の需要が増えると自信を持っている背景だ。SKハイニックスの関係者は、「世界で初めて開発したHBM3を、たった7ヶ月ぶりに顧客に供給し、市場主導権を握ることになった」とし、「超高速人工知能(AI)の半導体市場の新しい市場を開くことになった」と話した。

NVIDIAは最近、SKハイニックスのHBM3サンプルをめぐる性能評価を終え、第3四半期(7~9月)に発売予定の新製品にHBM3を結合する予定だ。NVIDIAは、加速コンピューティングなど、AI基盤の先端技術分野にこれを供給するものと見られる。

スポンサードリンク
加速コンピューティングとは、データを並列処理して速度を改善したコンピューティング方法だ。SKハイニックスは、NVIDIAの日程に合わせてHBM3の生産量を増やしていくことにした。SKハイニックスの盧鐘元(ノ・ジョンウォン)事業総括社長は、「NVIDIAとの緊密な協力を通じて、プレミアムDRAM市場で競争力を確保した」とし、「今後も、開放型協業を通じて顧客の必要を先制的に把握して解決したい」と話した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220610/3438274/1

2014-03-22-sk.jpg

SKハイニックスが、世界最高性能のDラム「HBM3」の量産を開始、エヌビディア(NVIDIA)に供給すると9日、明らかにしている。HBM(High Bandwidth Memory)は複数のDラムを垂直に連結し、従来のDラムよりデータ処理速度を革新的に引き上げた高付加価値・高性能製品だ。HBMは1世代(HBM)-2世代(HBM2)-3世代(HBM2E)の順で開発されたが、HBM3はHBM 4世代製品だ。SKハイニックスのHBM3はFHD(Full-HD)映画163本を1秒に伝送するなど、最大819GB/sの速度を具現する。

グローバルビックテク企業はAI、ビッグデータなど先端技術の発展速度が速まり、急激に増えるデータを迅速に処理するのに苦心している。このような状況で、データ処理速度と性能を従来のDラムに比べ、格段に高めた次世代DラムHBMはこの課題を解ける最適の製品と評価を受けており、システムに適用される範囲も拡大しているとSKハイニックスは伝えている。またエヌビディアは、SKハイニックスのHBM3サンプルに対する性能評価を終え、3四半期の発売予定の新製品「H100」にHBM3を結合し、加速コンピューティングなどAI基盤の先端技術分野に供給する計画としている。

関連記事

[ 2022年06月11日 08:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp