韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  半導体戦争と韓国の革新的な環境

半導体戦争と韓国の革新的な環境

「一本の釘が足りなかったために蹄鉄が失われ、蹄鉄が足りなかったために馬を用意できず、(馬が足りなかったために騎士が乗れず、騎士が足りなかったために戦に負け、戦に負けたため)王国が滅びた」 2021年2月、ジョー・バイデン米大統領は半導体サプライチェーン再編戦略を盛り込んだ行政命令に署名する際、このように述べた。半導体は部品に過ぎないが、私たちの日常を支配するデジタル世界の利便さ、第4次産業革命の成否、そして技術覇権の行方を決める。

半導体はこれまでグローバル化の象徴だった。付加価値の高い製品設計は米国と欧州が担当し、製造と組み立ては台湾と韓国が担当した。中国は後方産業の生産と巨大な消費市場だった。比較優位に基づいた相互依存で費用を抑え、効率を高める「生産のグローバル化」で、半導体産業がここまで来た。だが、これからは違う。グローバル化の時代は終わった。

ところが人工知能や5G、モノのインターネット、自動運転車などデジタル革命の加速化で半導体の需要が爆発的に増えた。供給が需要に追いつけず、半導体騒動が発生し、ついに米国と欧州の自動車工場が半導体がないために稼動を中断する事態が起きた。先月バイデン大統領が韓国に来た時、サムスンの半導体工場を初めて訪れたのも、このような背景からだ。

スポンサードリンク
需要が爆発したが、サプライチェーンは分離している。米国は輸出規制で、中国の代表的な情報通信企業の「華為技術(ファーウェイ)」による米国企業への半導体供給の道を塞いだ。さらに、再輸出禁止条項で米国産の部品と技術が一定水準含まれた他国の半導体の供給も阻止した。また、米国は半導体の技術競争力の主要装備であるオランダ企業の露光装備の供給を防ぎ、中国の半導体の未来を封鎖した。

サプライチェーン危機に対応し、技術覇権を維持するために、米国は国内で完結する産業環境を整えようとしている。米国企業の生産能力を増やし、韓国と台湾の半導体企業を誘致した。脱グローバル化の霧の中で、韓国はどうすべきか。米国が主導する同盟国中心の新しいサプライチェーンの再編に参加しなければならないが、相互利益の調和が自然に実現するわけではないだろう。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/43741.html

2022-05-21-k003.jpg

中央日報は、戦略の核心は、できるだけサプライチェーンの予測不可能性を減らすことと報じている。サプライチェーンの危機は当分続くだろう。またロシアが半導体の主な原料を武器化しているため、泣き面に蜂状態。ライバル国の台湾は材料、部品、装備の輸入依存度を下げ、可能な限りサプライチェーンの現地化と国産化を図っている。 韓国も、2019年に日本が半導体の主な材料の輸出を規制した時、政府と大企業、そして中小企業が協力し、フッ化水素をはじめとする材料の国産化に成功している。

だがスローガンは飛び交うが、現実は依然として劣悪となる。産学研の協力、大企業と中小企業の共存は、昔から叫ばれてきたが、答えはいつも現場で探さなければならない。サプライチェーンの混乱で原材料価格が急騰したことを受け、大企業は原価引き上げの負担を下請け業者に転嫁している。全国的に納品単価の現実化を要求する中小企業の叫び声が鳴り響いている。 結局はコストと品質維持或いは保管技術などで、日本に頼らざる負えないのも事実。

韓国における部材や化学薬品は、日本依存から抜け出たというが、低品質製品であり、反日色により、海外の日本の合弁会社から輸入し、輸入経路が変わったに過ぎない。 所詮サムスンは製造企業であり、巨大企業を背景に大量生産を武器とし、部品コストを低価格で輸入し在庫を抱える製造を実施してきた。ところが今では中国が実施しており、コスト面での競争力は無い。また品質も変わりない。製造システムは日本が主導していることが背景にある。

関連記事

[ 2022年06月13日 08:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp