韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  KOSPI2500割れ、1ドル=1300ウォン台に迫る=韓国

KOSPI2500割れ、1ドル=1300ウォン台に迫る=韓国

「(証券市場の)急激な下落は市場が『降伏段階』に入り込んだというシグナルにつながる恐れがある」。 米金融投資会社サンクチュアリウェルスのジェフ・キルバーグ最高投資戦略家が13日に出した診断だ。この日市場は揺れ動いた。ナスダックが4%以上急落するなどニューヨーク証券市場の3大指数は下落した。米国債利回りは急騰した。ビットコインなど暗号資産も急落した。「スタグフレーションの恐怖」に市場が白旗を揚げる姿だ。

市場の無気力は海を越えて続いた。14日の韓国総合株価指数(KOSPI)は1年7カ月ぶりに2500ポイントを割った。この日KOSPIは前日より0.46%下落の2492.97で取引を終えた。KOSPIが2500ポイントを下回ったのは2020年11月以来だ。KOSDAQは前日より0.63%下落の823.58で引けた。

この日個人投資家は391億ウォン、機関投資家は1937億ウォンを買い越したが外国人投資家は2773億ウォンを売り越した。韓国と米国の金融市場を揺るがしたのはますます大きくなる「巨人の影」だ。13日のウォール・ストリート・ジャーナルが米連邦準備制度理事会(FRB)は14~15日に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を0.75%の大幅引き上げに踏み切ると予想して市場は揺れ動いた。大幅利上げが既定事実化と受け止められてだ。

スポンサードリンク
米国経済に立ち込める「スタグフレーションの恐怖」は韓国経済も揺るがしている。安全資産であるドルの価値が20年来の高値水準に高騰し、ウォンの価値は自由落下している。14日のソウル外国為替市場でウォン相場は前日より2.40ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1286.40ウォンで取引を終えた。年初の1191.80ウォンと比較すると6カ月で94.60ウォンのウォン安となる。

取引開始直後にウォン相場は1ドル=1292ウォンを超え、取引時間中としては2020年3月19日の1296ウォンから2年3カ月ぶりの安値水準を記録した。この日は外国為替当局の口先介入で下落幅は縮小した。 多くの専門家はドル高の流れの中で短期間にウォンが1ドル=1300ウォン水準も超えると予想した。ウォンが1300ウォンを超えるのは金融危機当時の2009年7月13日に記録した1315ウォンが最後だ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d94540db987c5b4c41ee7627169e696a797f82fe

2022-06-16-k001.jpg

韓国総合株価指数(KOSPI)が2500ポイントを割り、メンタル崩壊と苦痛を訴える20~30代の投資家が増えている。14日のKOSPIは前営業日比31.55ポイント(1.26%)下落の2472.96で取引を終えた。KOSPI指数が2500ポイント割ったのは2020年11月以来だ。前日の「ブラックマンデー」で恐怖感を起こした暴落は現実になった。

大型株であるサムスン電子が5万ウォン台に下がるとの見方が出るほど株価が連日下落し20~30代の悩みが深まった。 中央日報は、14日に韓国銀行が公開した5月の金融通貨委員会議事録によると、相当数の金融通貨委員は金利引き上げの可能性を示唆するタカ派(通貨緊縮)的な見方を示しているが、問題は基準金利引き上げにともなう家計の負債負担となる。すでに家計負債が1900兆ウォンに迫る状況で基準金利の引き上げは市場金利上昇につながるほかないと報じている。

関連記事

[ 2022年06月16日 07:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
金欠韓国の岐路。米国が0.75%の大幅利上げ。きつい、死ぬわw。

輸出立国の終焉が近づいたと思う。韓国の財閥にみる不公平な社会と富の偏り。お金万能社会。詐欺師があらゆるところに出現するが、それを許容する韓国社会。ウリとナムで分断され争いが絶えない不信社会。『和尊』『中庸』が理解できない。

国家危機でも内輪争いしている国を見てごらん。普段は大口叩いても危機には右往左往する様。金を惜しむ経営者と給与アップを要求する労組のぶつかり合い、実はどっちも強欲なんだよ。

ああなりたいか、韓国見習え教信者w。
[ 2022/06/16 10:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp