韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  米国利上げが韓国経済の危機につながる

米国利上げが韓国経済の危機につながる

米国連邦準備制度(FRS)が基準金利を一度に0.75%引き上げて韓米間金利逆転で韓国から資本が流出する可能性があると警告している。

米国連邦準備制度は15日(米国現地時間)連邦公開市場委員会(FOMC)定例会議を終えた後、声明を出して基準金利を75bp(0.75%p、1bp=0.01%p)引き上げると明らかにした。1981年以来最悪のインフレーション(持続的な物価上昇)に苦しめられる米国が物価を落ち着かせるために28年ぶりに最大幅に基準金利を引き上げる強気を見せたわけだ。さらに、米国連邦準備制度は来月にも少なくともビックステップ以上の追加利上げを予告した。

米国連邦準備制度が利上げを加速化すれば、需要と交易鈍化を伴って新興市場の資本流出や通貨価値の下落、物価上昇につながる可能性がある。今回のジャイアンツステップによって韓国(年1.75%)と米国(年1.50~1.75%)の基準金利の差が上段基準で同様になった。逆転も時間の問題だ。

スポンサードリンク
韓銀のイ・チャンヨン総裁は16日、非常マクロ経済金融会議を終えて記者会見で「米国連邦準備制度の利上げ速度が速い」と評価した。イ総裁はビックステップの追撃の可能性に対しては「次の金融統委会議まで3~4週間残っている。その間多くの変化があり得る」として利上げの速度に用心深い反応を見せた。金利を急激に引き上げれば、消費心理が萎縮する可能性があるためだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf0c24829ec9b02c2031f20ce702eb4c538052cb

2022-05-21-k003.jpg

中央日報は、先月の韓米首脳会談の際、通貨スワップが取り上げられるべきだったと報じている。新政府で準備ができていなかったのは問題との指摘もある。また、2008年金融危機で韓国は韓米通貨スワップだけでなく700億ドル規模の韓日通貨スワップもあったとし、日本のドル準備高は1兆3000億ドル以上ある。新政府に入って韓日関係を再確立するきっかけが作られただけに、二重の安全装置として韓日通貨スワップを推進しなければならないと指摘している。

そもそも韓国と為替スワップ或いは通貨スワップを結んだところで、日本にメリットは無い。しかも国家破綻が近いだけに、米国は韓国企業からの投資と、韓国政府からは在韓米軍費用などをむしり取りたいだろうし、米国の思惑も、韓国利用と言う面で、次第に利用価値がなくなってきたのも事実。今度は日本ターゲットになる。在日米軍費用や、日本の軍備費等で補てんしたい考えだ。とはいえ日本政府も、自国を守るためのみならず、米国傘下離脱に向けての、自国防衛システムを確立する狙いもある。日米の思惑が今後さらに加速しそうだ。

関連記事

[ 2022年06月18日 08:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp