韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓米の金利逆転が秒読み段階で、韓銀も史上初のビッグステップとなるか

韓米の金利逆転が秒読み段階で、韓銀も史上初のビッグステップとなるか

米連邦準備制度理事会(FRB)の「ジャイアントステップ」(政策金利0.75%引き上げ)で韓米の金利逆転が秒読み段階に入った。これまで「ベビーステップ」(0.25%引き上げ)を続けてきた韓国銀行(韓銀)が歩幅を広げ、早ければ来月にも史上初のビッグステップ(0.5%引き上げ)を踏む可能性がある。

FRBは14、15日(現地時間)の連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を0.75%引き上げた。米国の政策金利(年1.5-1.75%)の上段(1.75%)と韓国の政策金利(年1.75%)が同じになった。もう韓銀の追加利上げは確実視される。16日の非常マクロ経済金融会議の直後、企画財政部と韓銀は「物価に重点を置いた通貨政策の運用」に傍点を打った。

問題は利上げペースだ。韓銀は昨年8月から先制的に利上げをし、ビッグステップの可能性は低いという立場だった。「長期的に進めてきただけに間際に焦ってすることはない」(ホン・ギョンシク韓銀通貨政策局長)という意味だった。

スポンサードリンク
ところが物価高と逆転が迫った米国との金利差のため、韓銀も利上げペダルを強く踏む可能性がある。韓銀の李昌ヨン(イ・チャンヨン)総裁もこの日、韓銀のビッグステップの可能性について「次の金融通貨委員会まで多くの変化があるかもしれない。市場の反応などを見ながら決める問題」と述べた。
https://japanese.joins.com/JArticle/292266?servcode=300§code=340

2022-06-18-k003.jpg

韓銀が金利を引き上げなければならない理由は、5月の韓国の消費者物価の上昇率は5.4%で、13年9ヵ月ぶりの最高となり、米国(8.6%)に比べては低いが、韓銀の長期物価目標値である2%をはるかに上回る。韓国銀行の李昌鏞総裁は10日、「金利引き上げで短期的には脆弱階層の困難が大きくなりかねないが、ややもすると時期を逃してインフレがさらに拡散すれば、その被害はさらに大きく現れかねない」と話している。

だが、今年、韓銀の残りの金融通貨委員会は、7月と8月、10月、11月の計4回で、市場では韓銀がまず7月と8月の金通委で相次いで金利を引き上げるという見通しが有力だ。一部からは、韓銀が今まで一度もしたことのないビッグステップの可能性も提起している。

関連記事

[ 2022年06月18日 08:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp