韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  中国に依存してきたツケで、輸出で稼げないのに物価上昇が止まらない韓国経済

中国に依存してきたツケで、輸出で稼げないのに物価上昇が止まらない韓国経済

韓国経済の先行き懸念が高まっている。その要因は複数ある。その中でも、中国での“ゼロコロナ政策”と“脱グローバル化”の加速によって世界のサプライチェーンが寸断され、韓国経済に大きな支障が出ている。

特に、韓国の貿易収支が赤字に転落する月が増えたことは見逃せない。中国のゼロコロナ政策によって韓国経済の成長を牽引してきた輸出の伸びが鈍化している。その一方で、米中対立によってサプライチェーンは混乱した。さらにウクライナ危機によって脱グローバル化が勢いづいた。世界の供給のボトルネックが深刻化し、韓国の輸入物価が急騰している。 その結果、昨年の12月、本年1月に続いて4月、5月と貿易収支は赤字に転落した。輸出は増勢を保っているが事態は深刻だ。今後、韓国の貿易収支は赤字傾向が鮮明化するだろう。それによって韓国ではGDP成長率が低下する。

脱グローバル化によって韓国の輸入物価は上昇し、国内の生産者物価と消費者物価も押し上げられる。経済成長率の低下と物価高騰が同時進行し、資金流出が加速する展開が懸念される。外需を取り込んで景気の持ち直しを実現してきたわが国にとって、韓国経済の現状はひとごとではない。

スポンサードリンク
中国共産党政権がゼロコロナ政策を徹底した結果として、韓国の輸出の増加ペースが鈍化している。2022年5月と1年前の輸出の前年同月比変化率を比較すると一目瞭然だ。2021年5月、韓国の輸出は45.6%増加した。中国経済が急速に持ち直し、半導体や自動車、鉄鋼製品などの輸出が急増したことで、韓国の景気は緩やかに回復した。

しかし、その後、韓国の輸出の増加ペースは鈍化した。不動産バブルの崩壊によって中国は高度経済成長期から安定成長期へ曲がり角を曲がった。 その中で、共産党政権はゼロコロナ政策を徹底することによって感染再拡大を封じ込めようとしている。深圳、上海、北京など経済規模の大きな都市がロックダウンに追い込まれ、個人消費は急速に減少し、景況感は冷え込んでいる。それによって、連鎖反応のように不動産市況が一段と悪化し、都市部でさえ失業率が上昇している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e5d31e8403230c2135122d40757c335b97d38c15

2022-05-31-k008.jpg

昨年10月、資源価格の価格上昇に行き過ぎの部分はあるが、世界全体でエネルギー資源の需給は非常にタイトだ。石炭も高値圏で推移している。当時、その状況が短期間で解消されるとは考えづらく、世界的に物価は上昇する可能性があり、その状況を“エネルギー危機”と指摘したのが経済専門家となる。

欧州、アジア、米国など、世界全体で冬場の暖房需要などが高まる中で電力が不足しかねない。そうした状況に対する危機感は高まっている。電力不足は、市民生活をはじめ経済活動に大きなマイナスの要因。そうした懸念が顕著に表れている国の一つが韓国となる。足許、韓国の通貨や株式が売られている。その背景には、インフレリスクに対する韓国経済の対応力への不安がある。

債務問題の深刻化と電力不足の発生によって中国経済の減速が鮮明化し、韓国経済に負の影響が波及するとの見方だ。また、貿易依存度の高い韓国の通貨安などは、世界的に想定以上にインフレが進行すると警戒する投資家の増加も示唆していた。現実となった今、自国政府の対応策は無い。政府負債を増加させ、補正予算で中小企業へ補てんするだけでしかない。

関連記事

[ 2022年06月21日 07:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp