韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  KOSPI どこまで落ちるのか、2400台も割り込む

KOSPI どこまで落ちるのか、2400台も割り込む

韓国総合株価指数(KOSPI)の2400台が1年7カ月ぶりに崩れた。継続するインフレと景気低迷に対する憂慮で金融市場の変動性が高まっている。

KOSPIは20日、前取引日より49.90(2.04%)下がり2391.03で取引を終えた。終値基準で2400台を割り込んだのは2020年11月4日(2357.32)以来。今月14日には2500台を割り込み、1週間も経たずに2400台まで割り込んだ。この日KOSPIは、前取引日の終値よりやや高い2449.89で始まったが、午前早くには下落傾向に転じた。午後になると一時2372.35まで下落したが、取引の締め切りを控えて落ち幅を縮めた。特に、外国人投資家の売り傾向が激しかった。外国人投資家は6654億ウォン(約694億円)分を売り越し、個人と機関投資家はそれぞれ1826億ウォン(約159億円)分と4456億ウォン(約465億円)分を買い入れた。

コスダック(KOSDAQ)市場も打撃が大きかった。コスダック指数はこの日28.77(3.60%)急落した769.92で取引を終えた。一時は804.48を記録し800台を回復したが、午前早くに同じく下落傾向に転じた。コスダック指数は17日に798.69で取引を終え、1年8カ月ぶりに800台を割り込んだ。

スポンサードリンク
ウォン・ドル為替レートは3取引日ぶりに再び1290ウォンを超えた。ドルあたりウォン相場はこの日ソウル外国為替市場で5.1ウォン安い1292.4ウォンで取引を終えた。2009年7月14日(1293.0ウォン)以来の最安値だ。15日には1290.5ウォンを記録し、13年ぶりに1290ウォンを突破したばかりだった。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43811.html

2022-06-21-k001.jpg

韓国総合株価指数(KOSPI)とは、韓国の代表的な株式指標。韓国取引所に上場されている全銘柄を時価総額で加重平均し指数化したもの。1980年1月4日時点での時価総額を100として算出する。

韓国総合株価指数(KOSPI)が2400ポイントを割り込んだ。KOSPI代表株であるサムスン電子も52週安値を塗り替えた。ウォン相場も取引時間中に13年ぶりのウォン安水準まで落ちた。リセッション(景気後退)への懸念で韓国の金融市場が揺れ動いている。米国など主要国の中央銀行が緊縮にスピードを出し景気低迷の懸念が大きくなったためだ。

20日のKOSPIは前営業日より2.04%安となる2391.03で取引を終えた。この日の取引時間中にKOSPIは2372.35まで押され、これまでの52週安値の2384.49を更新した。KOSDAQも前営業日より3.6%急落となる769.92で取引を終え、年初来安値を1日で塗り替えた。

株価を引き下げたのは外国人投資家の売り攻勢だ。この日外国人投資家はKOSPI市場で6628億ウォン相当を売り越した。個人投資家の1833億ウォンと機関投資家の4448億ウォンの売り越しも株価を防御するには力不足だった。今年に入りこの日まで外国人投資家はKOSPI市場とKOSDAQ市場で18兆4960億ウォンを売り越した。

中央日報は、外国人投資家が特に多く売った銘柄はサムスン電子で、今年に入り外国人投資家はサムスン電子株8兆2688億ウォン、サムスン電子優先株1兆2170億ウォンの9兆4000億ウォン以上を売ったと報じている。今年のKOSPI市場の外国人投資家の買い越し額14兆9706億ウォンの63%に相当するとし、サムスン電子の外国人持ち分率は49.97%に落ち込み、この数値が50%以下に下がったのは6年ぶりとなるとした。

関連記事

[ 2022年06月21日 08:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp