韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  「スーパードル」に1292ウォン超え急落するウォン、13年来の安値水準

「スーパードル」に1292ウォン超え急落するウォン、13年来の安値水準

韓国総合株価指数(KOSPI)2400ポイントが崩壊した「ブラックマンデー」にウォンの価値も急落した。取引時間中に1300ウォン水準に近接し年初来安値を記録した。この13年で最も安い。米国の高強度緊縮で景気沈滞に陥りかねないという懸念から安全資産であるドルの価値が上昇しているためだ。外国人投資家の離脱もウォン安を圧迫する要因だ。

20日のソウル外国為替市場でウォン相場は前営業日の1ドル=1287.30ウォンから5.10ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1292.40ウォンで取引を終えた。2009年7月14日の1293.00ウォンから13年来の安値水準だ。ウォン下落の速度も速い。年初の1ドル=1191.80ウォンと比較すると半年で100.60ウォンのウォン安となった。

取引時間中には1295.30ウォンまで値を下げ1300ウォン水準に迫った。取引時間基準では2020年3月19日の1296ウォンから2年3カ月来の安値水準だが、午後になり外国為替当局の口先介入で下落幅は縮小した。秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副首相兼企画財政部長官はこの日政府世宗(セジョン)庁舎を訪問し、「市場で不安心理などにより過度な傾きがある時は関係当局が適切に必要な対応をする」と話した。

スポンサードリンク
ウォン下落は強いドルの影響だ。ドル高をあおるのは米連邦準備制度理事会(FRB)の高強度緊縮とそれにより深まる景気低迷への懸念だ。市場は物価を抑えるためにFRBが来月にも政策金利を0.75%引き上げると予想する。問題は過度に速いFRBの利上げが経済に苦痛(景気低迷)を与えかねない点だ。緊縮にともなう影響で景気低迷がやってくる恐れがあるとの予想が大きくなり代表的な安全資産であるドルの価値を引き上げている。
https://japanese.joins.com/JArticle/292341?servcode=300§code=310

2022-06-21-k002.jpg

韓国の通貨ウォンが対ドルで下落している。16日の外国為替市場で、ウォンは一時1ドル=1295ウォン台と2009年7月以来約13年ぶりの安値をつけた。17日も1290ウォン前後で推移した。16日に韓国政府が22年の成長予想を引き下げ、景気の先行き不透明感からウォンが売られた。米連邦準備理事会(FRB)による利上げの加速で、韓国と米国の金利差が縮小し、ウォン相場の逆風となっている。

中央日報は、ユーロと円など主要6通貨に対するドルの価値を反映するドルインデックス(1973年=100)は年初の96.21から19日には104.69に上がった。日本銀行の超緩和的な通貨政策にともなう円安もドル高を刺激していると報じている。また外国人投資家の韓国株式市場からの離脱もウォン安を圧迫している。外国人投資家が韓国株を売った金をドルに替えている。

また多くの専門家は、終値基準でウォンが1ドル=1300ウォンを超えてさらに下がるかを注視している。ウォンが1ドル=1300を超えて下落したのは2009年7月13日の1ドル=1315ウォンが最後だったためだ。

関連記事

[ 2022年06月21日 08:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp