韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国政治 >  NATO首脳会議で韓米日会談の可能性を考慮

NATO首脳会議で韓米日会談の可能性を考慮

尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が29~30日、スペインのマドリードで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席し、北朝鮮の核問題をテーマに3分間演説を行う。大統領室は「同期間『安保協力』をテーマに韓米日首脳会談が開かれる可能性がある」と明らかにした。 

キム・ソンハン国家安保室長は22日、龍山(ヨンサン)の大統領室で記者会見を行い、「尹大統領のNATO会議への出席は、自由民主主義に基づいた価値連帯の強化、包括的安全保障基盤の構築、新しい安全保障問題への対応の模索という意味がある」とし、「北朝鮮の核問題と関連した韓国政府の立場を説明し、参加国の広範囲な支持を確保できるだろう」と述べた。

尹大統領は今回の会議期間中、原発や半導体、再生可能エネルギー、防衛産業などをテーマに10カ国余りと2カ国間会談を計画している。大統領室関係者は「10カ国と2カ国間会談を調整しており、韓米日首脳会談の可能性もある」としながらも、「韓日首脳会談は現在としては全く予測できない」と述べた。同関係者は、韓米日首脳会談に関連し、「安全保障分野の協力に焦点を当てざるを得ない」とし、「韓米日安全保障協力の唯一のターゲットは、北朝鮮と北朝鮮の核問題だ。韓米日安保協力の焦点もそれに合わせられるだろう」と述べた。

スポンサードリンク
韓国首脳が米国と欧州主要国の安全保障同盟であるNATO首脳会議に出席するのは今回が初めて。大統領室は今回の会議出席を機に、NATO本部が設置されたベルギーのブリュッセルに「駐NATO代表部」を新設する計画も明らかにした。駐NATO大使はユン・スング駐ベルギー・欧州連合(EU)大使が兼任する予定だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/43839.html

2022-06-23-k003.jpg

韓国の尹錫悦大統領が、スペイン・マドリードで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に韓国の首脳として初めて出席する。尹大統領の出席は、NATOが韓国と日本、オーストラリア、ニュージーランドのアジア太平洋パートナー国4カ国の首脳を招待したことによるもの。他の3カ国の首脳も出席を表明している。首脳会議に合わせ、韓米日3カ国の首脳会談が開かれる可能性がある。

韓国政府は、自由民主主義に立脚した価値の連帯強化、包括的な安全保障基盤の構築、新興安保に対する効果的な対応模索活動を後押しするため、NATO本部があるベルギー・ブリュッセルにNATO韓国政府代表部を新設する計画だ。 一方、尹大統領はNATO首脳会議に合わせて約10カ国と2国間会談を開く。原子力発電、半導体、再生可能エネルギー、防衛産業など相手国との経済懸案を協議し、2030年国際博覧会(万博)の釜山誘致、北朝鮮核問題などで各国の協力を引き出す考えだ。

注目を集めていた岸田文雄首相との初の首脳会談開催は、現在のところ不確実な状況としている。両首脳が略式会談などの形で対話する可能性はあるが、大統領室の関係者は韓日首脳会談の開催について、「今は全く予測がつかない」としている。

関連記事

[ 2022年06月23日 07:52 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp