韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  ウォン安→外国人の売り→ウォン安という韓国株の悪循環

ウォン安→外国人の売り→ウォン安という韓国株の悪循環

ウォンの対ドル相場が年初来で9%以上下落した。円が18%下落したのを除けば、主要国では最大の下落幅だ。こうした状況は株価下落を招く背景要因になり、株式市場が動揺している。

外国人投資家にとっては、ドル高・ウォン安局面では黙っていればドル換算による投資収益率が低下することになる。為替差損が拡大する前に韓国株を売り急ぎ、ドルに交換しなければならない状況だ。年初来今月22日までに外国人は韓国の株式と先物·オプション商品など合計で36兆ウォン(約3兆7400億円)相当を売り越した。

こうした状況は悪循環を招く。外国人投資家がウォン建ての韓国株を売り、資金をドルに転換すれば、ウォン安はさらに深刻化する。すると、さらに株式を売り、韓国から離れようとする投資家が増え、ウォンは一段安となる。ドルベースで韓国株式市場の下落幅は直近1カ月で実に11.36%に達する。米国(3.49%)、日本(7.19%)をはるかに上回る下落率だ。ウォン安が進んだためだ。NH投資証券リサーチセンターは「最近1カ月間、韓国は主要国の中で最大の下げ幅を記録している」と指摘した。

スポンサードリンク
過去にもウォン安局面で外国人投資家が韓国株式市場を離れ、株価が下落した。韓国投資証券によると、2000年以後、ウォンの下落率が3%以上の月に韓国総合株価指数(KOSPI)が下落する確率は60%だった。ウォンが4%以上ならその確率が80%に跳ね上がり、5%を超えれば100%だった。

外国人投資家が離れる原因は、為替相場以外にも韓国経済が困難に直面する見通しが高まっていることがある。世界経済が低迷に陥れば、半導体、自動車、化学など景気に敏感な製造業中心の韓国経済が大きな衝撃を受けるとの判断だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/24/2022062480002.html

2022-06-24-k006.jpg

23日、ウォン・ドル為替レートが13年ぶりに1300ウォンを突破して1301.8ウォンまで下がった。韓国ウォンの価値が下落する背景には、ますます暗くなるグローバル景気の展望がある。対外依存度が絶対的な韓国経済の特性上、輸出鈍化に対する憂慮が高まり、証券市場が悪化の一途をたどりウォン貨の売り傾向が強まった。

韓国証券市場における外国人投資家の激しい売り浴びせも影響を及ぼした。外国人投資家は有価証券市場で最近5取引日連続で売り越した。韓国国内の株価下落で損失の懸念が高まった外国人投資家が、韓国株式を売り、こうした売り越しが韓国ウォンの価値下落につながるという悪循環が継続している。

関連記事

[ 2022年06月25日 08:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp