韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、業界最小の2億画素イメージセンサー発表

サムスン電子、業界最小の2億画素イメージセンサー発表

サムスン電子は23日、画素サイズを0.56マイクロメートルに縮小した2億画素のイメージセンサーを業界で初めて発表した。イメージセンサーはレンズを通じて入ってきた光をデジタル信号に変換し、イメージ化するシステム半導体の一種だ。スマートフォンをはじめノートパソコン、自動車などに広く使われる。

サムスンが発表したイメージセンサー「アイソセル(ISOCELL)HP3」は画素の大きさを既存製品に比べ12%小さくしたのがが特徴だ。画素サイズは業界最小の0.56マイクロメートルで、2億画素が小指の爪ほどのイメージセンサーにぎっしりと詰め込まれている。

これにより、スマートフォンのカメラモジュールの大きさを最大20%縮小することで、カメラの突起を最小化できる。既存製品に比べて色の表現力を64倍高めた。サムスンは2019年、業界で初めて1億画素のイメージセンサーを投入し、昨年には2億画素の製品を初めて発表するなど、技術力をアピールしている。今回の製品も年内に量産予定だ。

スポンサードリンク
今年第1四半期(1~3月)のサムスン電子のスマートフォンイメージセンサー市場におけるシェアは28.7%で、直近2年間で最も高い水準を記録。首位ソニー(44.6%)を追い上げている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/24/2022062480003.html

2012-10-06-samsung.jpg

サムスン電子が今年、業界で一番小さなピクセルを搭載した「2億画素」イメージセンサーの生産に入る。微細化工程を前面に出して、ソニーが主導するモバイルイメージセンサー市場を攻略するという。今回開発した製品は、業界最小の0.56マイクロメートル(μm·1μmは100万分の1m)大きさのピクセル2億個が入る。従来の製品と比べると、ピクセルの大きさが12%ほど小さくなった。ピクセルの規模が小さくなり、モバイル機器に搭載されるカメラモジュールの大きさを最大20%まで減らすことができる。

左右上下位相差を利用して、速くて正確に焦点を合わせる「スーパーQPD」技術を適用したという点も目を引く。毎秒30フレームの8K(横7680×縦4320)映像、120フレームの4K(3840×2160)映像が撮れる。スマートフォンだけで映画を撮影できるという。14ビット支援で、色の表現力も以前の製品に比べて64倍良くなった。サムスン電子は、新製品を前面に押し出し、高画素モバイルイメージセンサー市場でのシェア拡大を図る計画だ。

関連記事

[ 2022年06月25日 08:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp