韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国、二次電池の総合競争力86.33点で中国に次いで2位

韓国、二次電池の総合競争力86.33点で中国に次いで2位

韓国の二次電池の産業総合競争力が、中国に次いで世界2位と評価された。日本と米国が後に続いた。二次電池は、カーボンニュートラルの流れとデジタル経済への転換で重要製品に挙げられる。米中の先端技術覇権競争もまた二次電池の重要性を高める要因だ。

産業研究院は29日に発表した報告書「二次電池産業のバリューチェーン別競争力診断と政策方向」で、定量・定性分析を通じて2021年の競争優位を診断した結果、総合競争力で中国が100点満点中95.5点で1位を占めたと明らかにした。次いで韓国86.3、日本84.6、米国76.4、ドイツ70.4、フランス65.5の順だった。

産業通商資源部の依頼で実施した今回の分析の定量評価は、グローバル二次電池企業397社を対象に、売上高に対する研究開発(R&D)費の比重、営業利益率、保有特許などの指標に基づいている。定性評価は、二次電池の産・学・研の専門家12人が議論を通じて合意点を見出す「デルファイ調査」方式でなされた。

スポンサードリンク
2021年の主要国総合競争力の順位は、2020年10月に初めて実施した競争優位診断結果と同じだった。バリューチェーン別に見る時、韓国は研究開発・設計(91.2)と生産(92.2)で優秀な競争力を保有しているが、需要(80.1)と調達(80.4)の部門では相対的に脆弱と診断された。中国は研究開発・設計(93.3)、調達(99.3)、生産(92.7)、需要(97.5)からなる二次電池産業の全般で最も優秀との評価を受け、調達と需要部門では満点に近いと分析され高い競争力を保有していることが分かった。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43894.html

2022-06-30-k003.jpg

車載用の電池の分野は、電気自動車の世界最大の市場が中国ということもあり、かつての太陽電池や液晶パネルと同じ構造で、政府からの多額の補助金で、まずは生産設備を急拡大させるという、中国勢による市場席巻戦略が始まった。その結果、2020年も、引続き中国政府系のキャトルが世界シェア1位となっている。世界2位は韓国のLG化学。

世界3位は、日本のパナソニック。米国のテスラ、日本のトヨタと組んで、日本、米国、中国の三極体制での、生産規模の拡大を目指す。4位は電池から電気自動車まで通気一貫で製造する、BYD。世界5位にはサムスンSDI、6位韓国のSKグループのSKイノベーション。7位は旧日産自動車の子会社だったオートモーティブエナジーサプライ(AESC)となっている。世界8位は、中国の中航鋰電科技(CALB)。9位には中国の国軒高科動力能源(グオシュエン・ハイテク)。パナソニックとトヨタの合弁会社であるプライムアースEV(PEVE)は圏外。

2018年以降のランキングをトラックしてみると、CATLの強さが光る。LG化学は毎年順位を上げており、車載リチウムイオン電池への強いコミットメントが伺える。パナソニックはPEVE(プライムアースEVエナジー)との両面戦略ですが、両社ともに順位を下げている。

関連記事

[ 2022年06月30日 08:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp