韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国、上半期の貿易赤字、歴代最大規模の103億ドル

韓国、上半期の貿易赤字、歴代最大規模の103億ドル

韓国で輸入が輸出より速いスピードで増える流れが6月も続き、3カ月連続で貿易収支の赤字を記録した。上半期全体では過去最大規模の103億ドルの赤字となった。

産業通商資源部が1日に発表した上半期の輸出入統計をみると、輸出は昨年同期に比べて5.6%増の3503億ドル、輸入は26.2%増の3606億ドルだった。これにより、貿易収支は上半期基準で過去最大規模の103億ドルの赤字となった。これまで上半期の過去最大の赤字は通貨危機当時の1997年の91億6千万ドルだった。半期基準では、1996年の下半期の125億5千万ドルの赤字が最高記録だ。 6月だけ見ると、輸出は5.4%増の577億3千万ドル、輸入は19.4%増の602億ドルだった。貿易収支は24億7千万ドルの赤字で、4月から3カ月連続で赤字を記録した。3カ月連続の貿易収支赤字の記録は、世界金融危機の2008年(6~9月)以来14年ぶり。

貿易協会のチョ・サンヒョン国際貿易通商研究院長は「ロシアとウクライナの戦争をはじめとする対外要因が否定的な方向に流れ、対外依存度の高い韓国貿易が上半期全体的に大きな影響を受けた」とし、「エネルギーと穀物価格の上昇傾向が続き、(上半期の)貿易赤字が100億ドルを超え、懸念される状況」だと語った。

スポンサードリンク
その中でも肯定的なシグナルと言えば、上半期全体で輸出増加率が2桁を維持した点だ。貿易の構造的な問題が露呈したわけではないとみられるのもそのためだ。輸出は今年1月から6月までいずれも該当月の歴代1位を占めた。このうち3月と5月はそれぞれ月間基準で1位と2位を記録した。これを受け、輸出は昨年下半期(3412億ドル)の記録を上回り、半期基準で最高業績を更新した。

品目別では造船を除いた主要14品目で輸出額が増加した。半導体、鉄鋼、石油製品、バイオ、二次電池はこれまで上半期1位の実績を見せた。地域別では独立国家共同体(CIS)を除いた主要8大地域でいずれも増加した。上半期の輸入はエネルギーと原材料価格の急騰で輸出より多い3606億ドルを記録した。原油やガスなどエネルギー輸入額は昨年上半期より410億ドルほど増えた879億ドルで、貿易赤字の主な要因となった。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43923.html

2022-06-14-k007.jpg

今年上半期の韓国の貿易収支が103億ドル(約1兆3920億円)の赤字。過去最大規模の赤字となった。輸出も過去最高となり、世界的なインフレで輸入額が大きく増加した。特にエネルギー輸入が前年同期比97.5%急増し、今年夏のエネルギー需要が増えたためサプライチェーン問題は継続する。特に原油・天然ガス・石炭の3大エネルギー源の輸入額が上半期だけで878億6000万ドルにのぼった。これは前年同期比410億ドル(87.5%)増。

産業部によると、同期間の国際原油価格(ドバイ油基準)は60%増、液化天然ガス(LNG)価格は229%増、石炭価格(豪州炭基準)は223%増。産業部は、今年に入って3大エネルギー源の輸入増加額は毎月の貿易赤字規模を上回り、赤字発生の核心要因となったと説明している。特に最近の貿易収支悪化はエネルギー輸入依存度が高い主要国に共通して表れた現象とし、日本・イタリア・フランスも赤字が続いているとした。

関連記事

[ 2022年07月02日 07:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp