韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  上半期の貿易赤字が過去最大、下半期の輸出も暗雲

上半期の貿易赤字が過去最大、下半期の輸出も暗雲

今年上半期(1~6月)の貿易収支の赤字が100億ドルを超え、上半期基準で史上最大を記録した。韓国経済の成長エンジンである輸出の場合、下半期(7~12月)は前年同期比0.5%増に止まるという企業の予測も出た。経済専門家らは、貿易赤字が慢性化し、韓国経済が長期低迷に陥りかねないと警告した。

1日、産業通商資源部(産資部)が発表した今年上半期の輸出入統計によると、上半期の輸出は昨年同期比15.6%増の3503億ドル、輸入は26.2%増の3606億ドルだった。半期基準で過去最大の輸出額を達成したが、高騰したエネルギーの輸入額が足を引っ張って、貿易収支は103億ドルの赤字と集計された。今回の貿易赤字の規模は、従来の上半期の最大の赤字だった1997年の91億600万ドルを上回る。また、6月の貿易収支は24億7200万ドルの赤字だったが、3ヵ月連続の赤字となる。これは、2008年6~9月以来14年ぶりのことだ。

下半期の輸出見通しは明るくない。同日、全国経済人連合会(全経連)が売上高上位1000位企業のうち上位12位の輸出主力業種企業150社を対象に「2022下半期の輸出展望調査」を行った結果、下半期の輸出は前年同期比0.5%増に止まると予測された。輸出減少を予想した企業は、△原材料価格の上昇による輸出競争力の弱化(41.2%)、△海上および航空物流コストの上昇などサプライチェーンの問題(21.9%)、△主要輸出対象国の経済状況の悪化(21.1%)などを主要リスク要因に挙げた。

スポンサードリンク
韓国の証券市場は連日下落している。1日、総合株価指数(コスピ)は前の営業日より1.17%(27.22ポイント)安の2305.42で取引を終えた。3日連続で1%台の下落傾向が続き、この日、年間最安値を記録した。コスピは取引中、一時2291.49まで下がり、2020年11月以降1年8ヵ月ぶりに2300台を割り込んだりした。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220702/3485272/1

2022-07-03-k002.jpg

韓国産業通商資源部は1日、上半期(1~6月)の輸出額は前年同期比15.6%増の3503億ドル(約47兆5800億円)、輸入額は26.2%増の3606億ドルと発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は103億の赤字。半期ベースの赤字額では過去最大だった1996年下半期(125億5000万ドル)を下回ったが、上半期としては97年(91億6000万ドル)を上回り最大となった。

今年上半期の輸出額は昨年下半期(3412億ドル)を抜いて半期ベースで過去最高を更新した。主要品目別にみると造船以外の14品目で増加し、そのうち半導体と鉄鋼、石油製品、バイオ、二次電池は上半期の最高実績を記録。主要地域・国別には独立国家共同体(CIS)向けだけがマイナス。中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)、米国、欧州(EU)向けは上半期として最大の輸出額。

その一方で、エネルギーや原材料などの価格高騰が影響し、輸入額が輸出額を上回った。中でも原油やガスなどエネルギーの輸入額は前年同期より400億ドル以上多い879億ドルとかさみ、貿易赤字の主因となった。

関連記事

[ 2022年07月03日 07:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp