韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国、最初の5G商用化にもかかわらず通信装備の競争力で主要国に後れ

韓国、最初の5G商用化にもかかわらず通信装備の競争力で主要国に後れ

韓国が第5世代(5G)移動通信サービスを世界で初めて商用化したにもかかわらず、通信装備産業の競争力では米国や中国をはじめとする主要国に比べ、後れを取っていると分析された。主要な技術や製品競争力、材料・部品の供給安定性の不足が原因とみられる。

産業研究院は3日に公開した「通信装備産業のバリューチェーン別の競争力の診断と政策方向」で、2021年基準で韓国の通信装備産業の総合競争力が100点満点中80.0点を記録したと発表した。中国が96.6点で最も高く、米国92.4点、スウェーデン88.5点、フィンランド85.7点だった。日本は韓国より低い72.9点だった。産業通商資源部の依頼で実施した今回の診断は、産業界・学会・研究分野の専門家10人が議論を行い、合意点を見出す「デルファイ調査」方式で行われたと、産業研究院は明らかにした。中国は二次電池の総合競争力評価でも韓国、日本、米国を抜いて1位だった。

バリューチェーン別にみると、韓国は調達(75.9)と需要(77.4)段階で最も脆弱で、研究開発(R&D)・設計(82.7)と生産(79.2)段階の競争力も主要国より低いことが分かった。中国は研究開発・設計(96.5)や調達(94.9)、生産(97.2)、需要(97.3)など通信装備産業全般で最も優秀と評価され、特に生産と需要では米国を大きくリードしていた。

スポンサードリンク
米国は研究開発・設計(94.6)と調達(94.8)では優秀だったが、生産(89.8)と需要(88.7)では振るわなかった。スウェーデンは研究開発・設計(91.6)に比べて調達(83.8)段階の競争力が不足していると分析された。産業研究院は「韓国の通信装備産業の競争力は、バリューチェーン全般で先導国に比べて劣勢であると診断された」とし、「5Gの高度化技術と6Gなど次世代通信の主要な技術を確保するための果敢な研究開発投資が必要だ」と指摘した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43937.html

2022-07-04-k001.jpg

2019年10月、日本国内の通信事業者が5G(世代)移動通信の商用化過程で超高周波の28GHz帯域と6GHz以下(サブ6GHz)帯域で同時に通信装備の設置に入った、1秒間に280億回振動する28GHzは3.5GHz帯域と比較してはるかに速い速度を具現でき、「本当の5G」と評価された。同年4月初めに「世界初の5G商用化」を発表した後、韓国の科学技術情報通信部と国内移動通信3社は従来のLTE周波数(最大2.6GHz)と隣接した3.5GHz帯域だけでサービスを実施した。

韓国とは違い日本の通信会社は5Gサービス初期からサブ6GHz帯域と28GHz帯域を同時にサービスしようとする。5Gの速度と安定性を共に担保した。日本1・2位通信事業者のNTTドコモとKDDIのネットワーク構築速度によっては、28GHzまたは28GHzとサブ6GHzの同時5Gサービスは日本の方が通信速度は韓国より早いという意味。韓国サムスン電子が「世界初の5G商用化」タイトルで日本5G通信市場進出に成功したが、5Gの品質自体は日本に遅れをとった。

当時、韓国国内の5Gは米国に比べてスピードが落ちるという結果となった。同年7月に米CNETが世界11都市の5G速度を測定した結果、ソウルは618Mbpsで3位で、米国のロサンゼルスとシカゴがそれぞれ1.8Gbps、1.3Gbpsで1、2位だった。通信業界の関係者は、3.5GHz帯域だけの5Gサービスには限界があるとした。

関連記事

[ 2022年07月04日 07:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp