韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  G20が円安擁護、今週にも100円台か!!

G20が円安擁護、今週にも100円台か!!

2013-04-22-k003.jpg

円安の副作用に対する韓国、オーストラリア、ブラジルなど新興国陣営の懸念にもかかわらず、G20(主要20カ国・地域)は最終的に日本を支持した。G20財務相・中央銀行総裁会議は19日、2日間の日程を終えて発表した共同声明で「日本の(量的緩和や円安など)最近の政策措置は、デフレを打開し、内需拡大を図ることが目的」だと指摘した。「アベノミクスは国内の景気浮揚が目的で、為替政策ではない」とする日本側の主張をほぼ反映した格好だ。

スポンサードリンク
共同声明で為替政策に関する言及は、今年2月のモスクワでのG20会議と同様に「競争的な通貨切り下げを自制し、為替レートを競争的な目的に利用しない」という原則的なレベルにとどまった。

専門家らは、今回のG20会議を日本の完勝と評価している。鄭徳亀(チョン・ドック)元産業資源部(省に相当)長官(ニア財団理事長)は「G20が共同声明で円安に『免罪符』を与えたため、今後は韓国が国際社会で円安を強く批判するのが難しくなった」と指摘した。

日本の完勝は、基本的にG20をリードする米国や欧州連合(EU)など先進国陣営が日本に友好的な立場を守ったためだ。LG経済研究院のシン・ミンヨン経済研究室長は「米国やEUは経済危機から脱出するために、日本よりも早く量的緩和政策を展開してきており、日本の円安を批判しにくい立場にある。先進国ではドイツを除けば、輸出市場で日本と激しい競争を繰り広げる国がほとんどないため、円安への関心自体が低い」と分析した。

日本はほっと一息ついている。日本のメディアは、国際社会が実質的に円安を容認した今回の会議を受け、今後円安が加速すると予想した。日本経済新聞は、19日のニューヨーク外国為替市場で1ドル=99円台まで下落した円相場が今週中に約4年ぶりに100円台まで下落するとの専門家の予測を伝えた。当面特別な要因がなければ、円相場は年内に105円まで下落するとの見方も出ている。

(朝鮮日報)


関連記事

[ 2013年04月22日 09:30 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp