韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  ベトナムで韓国商品の競争相手は日本

ベトナムで韓国商品の競争相手は日本

韓国にとって輸出規模3位のベトナム市場で、最大の競争相手は日本であることが分かった。2018年まで激しい競争を繰り広げた中国は3位に順位を落とした。

韓国貿易協会ホーチミン支部が5月、ベトナムのバイヤーおよび一般消費者956人を対象に「韓国および韓国商品に対する認識調査」を行い、7日に発表した結果によると、回答者の80.3%が「韓国商品の競争力が高くなっている」と評価した。韓国商品に代わる競争相手としては、日本(70%、複数回答)を最も多く挙げ、米国(26%)と中国(20.7%)が後に続いた。

2018年の調査で競争相手1位に挙げられた中国は、当時2位だった日本はもちろん、米国にも押され、今年は3位に転落した。貿易協会ホーチミン支部は「ベトナムの所得水準が高くなり、価格より品質を見て製品を購入する消費者が増えたうえ、 低価格の中国商品に対する不信感が広がったことによる結果」だと分析した。

スポンサードリンク
「韓国」という国家ブランドについては、「パンデミック以後、ブランドパワーが増した」(52.4%)という回答が半数以上だった。「悪化した」という回答は6.2%だった。国家ブランドパワーが強くなった要因としては、「K-コンテンツの拡散」(46.3%)が最も多く挙げられ、次に「防疫および信頼イメージの強化」(17.8%)、「韓国企業の発展」(15.4%)の順だった。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43985.html

2022-07-08-k002.jpg

安全保障の面で、ベトナムが日本にとって最も信頼できる国になってきたこと。特に中国がASEANの分断を進める中で、ベトナムだけがぐらつかない厳しい対中観をずっと維持した。 また2016年頃以降、日本で働いている技能実習生の数でベトナム人が中国人を抜いて1位になり、いまや日本の労働力不足を補う最大の貢献国がベトナムになっている。 さらに日本企業のベトナムへの投資意欲がとても高い。米中覇権争いの中でサプライチェーンの見直しも進み、ますますこの傾向は進むだろう。

ベトナム人に人気の日本製品としてバイクが挙げられる。ベトナムでは道路の交通量が非常に多く小回りの利くバイクなしでは生活ができない。ベトナムで圧倒的人気を誇るのがホンダのバイク。 次に日本が家電の国というイメージが根強いことから、日本の家電製品は高価であっても非常に人気ある。最近はイオンのような日系ショッピングモールが進出したことで、本物の日本製品が購入できるようになった。 さらに女性のあいだで人気があるのが日本製の化粧品。その中でも圧倒的な知名度を誇るのが資生堂。資生堂の製品を持っていることはちょっとしたステータスとなっている。

関連記事

[ 2022年07月08日 08:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp