韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  未分類 >  サムスン電子、4-6月期善戦も、下半期は「パーフェクトストーム」懸念

サムスン電子、4-6月期善戦も、下半期は「パーフェクトストーム」懸念

サムスン電子が先制的な在庫管理とウォン安の影響で比較的堅調な4-6月期業績を出した。だが景気鈍化と原材料価格上昇などで需要が減少し下半期の見通しは不透明な状況だ。モバイル新製品の効果を期待しているが反騰は容易ではないという見方も出ている。

サムスン電子は7日、4-6月期の業績速報値発表を通じ、売り上げ77兆ウォン、営業利益14兆ウォン(連結財務諸表基準)を記録したと公示した。前年同期と比較して売り上げが20.94%、営業利益が11.38%増えたが、1-3月期と比べると1.0%と0.85%減少した。営業利益は予想値の14兆7000億ウォンに達しなかったが市場では善戦したという評価が出ている。

昨年7-9月期の73兆9800億ウォンからサムスン電子は3四半期連続で売り上げ70兆ウォンを超えた、1-3月期には過去最高の77兆7800億ウォンを記録した。だがロシアのウクライナ侵攻によるサプライチェーン不安と原材料価格上昇、景気鈍化の懸念が続き成長が鈍化した。

スポンサードリンク
事業部門別の業績は公開していないが、専門家らは半導体部門が業績の善戦を牽引したと分析する。営業利益のうち10兆ウォンほどが半導体から出たとみられる。スマホと家電用半導体の需要は減ったが、サーバー用半導体の需要が維持されているためだ。先制的在庫管理戦略も影響を及ぼした。

サムスンはDS(半導体)、DX(完成品)部門のいずれも効率的な在庫管理と高付加価値製品販売に力を入れている。先月末に4年ぶりに開いた「上半期グローバル戦略協議会」でも共通主題は「在庫健全化」だったという。昨年末から市場状況と需要を綿密にチェックして出荷量を調節し、高付加価値製品を中心にポートフォリオを構成して収益性を高めたということだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/292954?servcode=300§code=320

2022-07-08-k005.jpg

パーフェクト‐ストームとは、複数の厄災が同時に起こり、破滅的な事態に至ること。2008年、世界中に広がった経済危機の震源地となった米国の金融恐慌をいう語。北大西洋上で三つの嵐が重なり、巨大な高波が発生して漁船が沈没した1991年の事故を描くノンフィクション小説のタイトルに用いられ、広く使われるようになった。

韓国の産業界で米国発の経済リスクが高まり、企業が緊張している。特に今年に入って尋常でない歩みを見せている米国連邦準備制度(FRB)の基準金利の引き上げにより全世界金融および経済を強打し、今年下半期の韓国企業の輸出戦線において非常事態が起きている。

基軸通貨であるドル高現象が続く状況で金利が大幅に上昇する場合、現在市場内の消費心理や需要萎縮で自動車、家電などの商品販売が減少する可能性がある。 さらに、ドル高が長期化し、中国や東南アジアなど新興国内資本の流出による景気低迷の可能性が臨界点に向かっている。

関連記事

[ 2022年07月08日 08:47 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)
"先制的な在庫管理"というのは、在庫積み増しのこと。
第一四半期の韓国GDPの伸びに在庫増減が寄与している。
[ 2022/07/08 15:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp