韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国政治 >  韓国初の国産戦闘機「KF-21」今月末に初飛行

韓国初の国産戦闘機「KF-21」今月末に初飛行

韓国初の国産戦闘機KF-21(ポラメ=鷹)の地上滑走が初めて公開された。今月末に予定された初飛行に成功すれば、KF-21は事業開始から21年4カ月目にして初めて空に舞い上がることになる。

KF-21試製1号機は6日、慶尚南道泗川(サチョン)の韓国航空宇宙産業(KAI)本社係留場で、着陸ギアをおろした状態で地上を走行する「ランプ・タクシー」(地上滑走)をした。KF-21は昨年4月9日の出庫式で試製1号機の外観が公開されたが、自らの動力で動く姿は今回初めて披露された。 防衛事業庁とKAIは、今月第3週または第4週にKF-21の初飛行を計画している。初飛行は基本性能をテストし、40分ほど進行される予定だという。初飛行に成功すれば、韓国は超音速戦闘機の世界8番目の開発国になる。

地上試験と飛行試験を終えれば、2026年から本格的な量産に入る。2028年までに40機、2032年までに合計120機を実戦配備する計画だ。KF-21は音速の1.8倍での飛行中にも7.7トンの武装を搭載できる機動性と戦闘能力を備えている。KF-21は2001年8月に金大中(キム・デジュン)大統領が行った韓国型戦闘機(KF-X)事業から始まった。

スポンサードリンク
事業規模8兆8千億ウォン(現在のレートで約9200億円)であり、「檀君以来最大規模の防衛力増強事業」と言われる。国産戦闘機は、韓国が必要な時点にいつでも製作し実戦に投入でき、いつでも部品を交換でき修理できる。これとは違って外国から買ってきた戦闘機は、故障した場合の部品交換や修理をするには、輸出国の厳しい許可を受けなければならず、また開発した国産武器を戦闘機に装備し試験をすることも思いのままにできない。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/43989.html

2022-07-09-k005.jpg

韓国の航空機メーカーであるKAI(韓国航空宇宙産業)は2021年4月9日(金)、同国南部の慶尚南道にある泗川工場において、KF-21の出庫式を行った。同機は韓国初の国産戦闘機で、従来KF-Xと呼ばれていた機体。21世紀の先端航空宇宙分野での躍進、21世紀における韓国空軍の飛躍、21世紀の朝鮮半島を守護する国産戦闘機といった意味を込めて「KF-21」と名付けられた。

KAIおよび韓国防衛事業庁いわく、KF-21は第4.5世代プラスαの最先端戦闘機とのこと。超音速を発揮し、最新のAESAレーダーや統合電子システムなどを国産開発し搭載する予定で、継続して国産部品を追加装備することで改良発展させる計画。国産化率は量産初号機で65%目標。なお先んじて開発された国産のT-50練習機は量産初号機の国産化率は59%。

式典には、政府および軍高官のほか、インドネシア国防長官をはじめとする同国政府代表団、KAIなどの防衛産業関係者、そして各界要人が参加して執り行われた。 一方、共同開発しているインドネシアが、過去5年間一度も開発事業費負担金を支払っていないにもかかわらずパイロットや技術者など39人を韓国に派遣していた。

防衛事業庁は昨年11月、KF-21開発業者の韓国航空宇宙産業(KAI)がインドネシア国防省と今年3月までに「負担金未納額と今後の納付額を含む費用分担契約書を修正する計画」だと明らかにしていた。インドネシアはKF-21共同開発の条件として2026年までに総事業費8兆1000億ウォン(約8161億円)の20%(1兆6000億ウォン)を負担することになっていた。しかし、16年の事業開始以来、現在までに納付したのは2272億ウォンだけで、約8000億ウォンが未納となっている。

関連記事

[ 2022年07月09日 08:49 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp