韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国製造業の景気見通し、さらに暗くなった

韓国製造業の景気見通し、さらに暗くなった

韓国の製造業各社の景気見通しがさらに暗くなっている。金利引き上げに世界経済の低迷ムードのため、景気の実感が悪化していることを示唆する。

産業研究院が10日、製造業1000社を対象にアンケート調査を行って発表した製造業景気実査指数(BSI)によると、第3四半期の市況と売上指数がそれぞれ95、97となった。前四半期よりそれぞれ6ポイント、7ポイント下がり、100ポイントを割り込んだ。全般的な業況と売上事情が前四半期に比べて悪くなると見通していることを示している。景気実査指数は0~200範囲にあり、100以下の場合、明るい見通しが暗い見通しより多いことを意味する。

内需(96)と輸出(99)の見通しも前四半期と違って下落し、100を再び下回った。前四半期はそれぞれ103と104だった。設備投資(101)と雇用(103)は100を上回ったが、前四半期(102、105)よりは小幅下落した。 業種別売上見通しでは、半導体や無線通信機器、バイオ・ヘルス、二次電池業種で100を上回ったが、ディスプレイや家電、精油、鉄鋼、繊維などほとんどの業種で100を下回った。

スポンサードリンク
第2四半期の業績は、前四半期よりやや改善されたことが分かった。市況(90)と売上(95)の景気実査指数は、前四半期(88、86)より上昇した。部項目別では、内需(94)が前四半期(88)と違って上昇し、輸出(96)も100を下回る水準ではあるが、前四半期の88よりは高かった。

設備投資(103)が100をやや上回る水準から4四半期ぶりに上昇し、雇用(100)は基準線を回復したことが分かった。第2四半期の売上現況値は精油をはじめバイオ・ヘルスと二次電池業種が100を上回り、化学と鉄鋼業種が基準線を回復した一方、残りの業種はいずれも100を下回った。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/44010.html

2022-07-11-k001.jpg

今年第2四半期の米国の経済成長率の見通しが、わずか数日で大幅に下方修正された。景気低迷の暗い影が差しかかっている。これを受け、ハードランディングを伴わない緊縮政策の実施がさらに難しくなったという懸念が高まっている。第2四半期の経済成長率に「暗雲」立ち込める

3日、米アトランタ連邦準備銀行の資料によると、アトランタ連銀の成長率予測モデルであるGDPNowは1日(現地時間)、第2四半期の米経済成長率見通しを-2.1%に修正した。先月28日の0.7%から30日の-1.0%に下げたのに続き、再び下方修正したのだ。米国は今年第1四半期の成長率も-1.6%を記録した。通常、成長率が2四半期連続でマイナスになると、景気低迷期に入ったとみなす。同日、投資銀行のJPモルガンも第2四半期の米国の成長率見通しを2.5%から1.0%に下方修正した。

韓国の経済成長率も予想より低くなる可能性が高くなった。韓国銀行は5月の修正経済見通しで、今年の国内総生産の増加率が2.7%を記録すると予想したが、前提に使われた今年の米国の成長率は2.9%だった。米連邦準備制度理事会(FRB)は先月中旬、すでに今年の成長率見通しを1.7%に下方修正した。韓銀は3日発刊した「海外経済フォーカス」で、米国は5月以後、経済活動が急速に停滞し、成長の勢いも著しく衰える見通し」だとし、「主要機関は来年(米国の成長率が)潜在成長率水準に低くなると予想しているとした。

関連記事

[ 2022年07月11日 07:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp