韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国政治 >  スキャンダルへと転落した、尹錫悦式外交

スキャンダルへと転落した、尹錫悦式外交

日本の岸田文雄首相の夫人は、なぜNATO(北大西洋条約機構)首脳会議に行かなかったのだろうか。日本メディアのソウル特派員に聞いてみた。「参議院選挙も迫っているし、様々な状況が厳しい中、夫人が行かないことについてはメディアも当然だと考えている雰囲気だった」、「首相夫人はもともと批判されるような行動はしないスタイルだ」という答えが返ってきた。国賓訪問でもない安保関連の首脳会議への出席に夫人を伴わなかったのは自然だし、岸田首相は議題に集中しているように見えた。

一方、NATO首脳会議に招かれた初の韓国大統領として、歴史の一ページに主役として記録されたかったであろう尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の多国間外交の舞台でのデビューは、今やキム・ゴンヒ女史の「ファッションショー外交」、「陰の実力者の随行」、「Bカット写真(あまり写りの良くない写真)」問題などとしてのみ記憶されている。NATO創設70年にして初めて中国の「構造的挑戦」を明示する現場に、韓国をはじめアジア4カ国が招待されたことの意味、その得失は何であり、韓国はどのように次の行動を準備していくべきかについての討論も消え去ってしまった。

尹大統領は悔しいだろう。大統領室の関係者の宣伝能力の不足を叱ったり、野党が不当な攻撃をしていると非難したりするかもしれない。しかし、最近の世論調査で職務遂行に対する肯定評価が一斉に30%台にまで墜落していることは、大多数の国民が尹大統領の外遊の成果に同意していないことを確認させてくれた。

スポンサードリンク
尹大統領にとって外交とは何だろうか。尹大統領の外交路線は、韓米同盟の強化、韓日関係の改善、グローバルな舞台での韓国の役割の強化に要約できる。問題は、尹大統領が韓国の直面している厳しい現実について深く苦悩した末にこのような結論を下し、困難な状況の中で慎重に外交を行っている、という信頼を抱かせることができていないことだ。

前政権を「親中、従北、反日」と言って攻撃するために、逆の外交路線を選択しているだけではないのか。前政権ができなかった外交を自分は速戦即決で実現できるという態度は軽く、しかも危険だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/44033.html

2022-07-13-k001.jpg

韓国野党「国民の力」の洪準杓議員が、尹錫悦前検察総長の夫人キム・ゴンヒさんが、風俗店の元ホステスだという一部の疑惑提起に対して、メディアを通じて直接釈明したことについて「致命的な失敗だった」と指摘している。洪議員は1日、TBSラジオ番組『キム・オジュンのニュース工場』に出演し明らかにしている。

前日、尹氏の夫人であるキム・ゴンヒ氏はインターネットメディア「ニュースバス」とのインタビューで、オンライン掲示板やソーシャルネットワークサービス(SNS)等を通して無分別に拡散している疑惑を直接否定した。自身が「ジュリー」という名前の風俗店元ホステスであるという疑惑に対し、「これはただ誰かが書いた小説」としながら、私がそのようなことをしたことがないので、時間が経てばすべてのことが明らかになるとした。

洪議員は、「相手が誰でもそのような話は政界でするのは難しい」と話しており、本人の口から話題の入り口を開いてしまったのでその真偽について、今国民が執拗に検証をしようとするだろうと伝えている。そんな中でのNATO首脳会議に招かれた初の韓国大統領として、歴史の一ページに主役として記録されたかったであろう尹錫悦大統領の多国間外交の舞台でのデビューは、今やキム・ゴンヒ女史の「ファッションショー外交」、「陰の実力者の随行」としてお記憶されている。

ハンギョレ新聞は、韓日関係も外交も、国内政治という根とは切り離せない。日本での安倍晋三元首相の死亡と参議院選挙での改憲勢力の圧勝により、平和憲法の核心である9条を変えて自衛隊の存立根拠を明示するとともに、軍備増強へと向かう動きが本格化したことは、明らかに懸念されると報じている。韓日関係にも暗い影を落としたという意味だ。

関連記事

[ 2022年07月13日 08:01 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp