韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  大幅利上げにもウォン安更新、1ドル1326ウォン

大幅利上げにもウォン安更新、1ドル1326ウォン

急激なドル高が続き、対ドル・ウォン相場が1ドル1320ウォン台を突破し、3日ぶりのウォン安ドル高を更新した。

15日、ソウル外国為替市場でのウォン相場は、前日より14.0ウォン安ドル高の1ドル1326.1ウォンで取引を終えた。終値基準では、グローバル金融危機の真っ最中だった2009年4月29日(1ドル1340.7ウォン)以降のウォン安ドル高となる。同日の為替相場は、前日より5.9ウォン安ドル高の1ドル1318.0ウォンで取引を開始し、10分後に1ドル1320ウォン台を突破し、取引中は1ドル1326.7ウォンまでウォン安ドル高が進んだ。

韓国銀行は13日、未曽有の「ビッグステップ」(0.5%の利上げ)に踏み切ったが、ウォン安ドル高の圧力が続いている。6月の米消費者物価の上昇率が、41年ぶりに最も高い9.1%に達し、グローバルインフレへの懸念が弱まっていないためだ。米連邦準備制度理事会(FRB)が強力な通貨緊縮に乗り出し、それにより世界景気が低迷するだろうという恐怖が高まり、安全資産であるドルに需要が集中している。景気低迷の懸念が高まっている欧州や中国の通貨も、ドルに対して通貨安を見せている。

スポンサードリンク
対ドルウォン相場は、短期的に1ドル1370ウォンまでウォン安ドル高が進むだろうという見方もある。IBK投資証券のチョン・ヨンテク首席研究委員は、「米国の物価が下がるのを確認するまで、ドル高は続くだろう」とし、「対ドル・ウォン相場は、第3四半期(7~9月)は1ドル=1350~1370ウォンの水準まで追加のドル高の圧力を受ける可能性がある」と予測した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220716/3514615/1

2022-07-16-k001.jpg

米中央銀行の連邦準備制度理事会(FRB)がインフレを抑えるために基準金利の引き上げに拍車をかける可能性が高まったことを受け、グローバル景気低迷への懸念も高まり、ドル高が進んだ。米国で6月の消費者物価指数(CPI)が1年前より9.1%上昇したのに続き、昨夜発表された6月の米国生産者物価指数(PPI)も1年前より11.3%上昇して、3カ月ぶりに最も高い水準を示したことを踏まえ、市場はFRBが金融引き締めを続けるものとみている。

米国の金融引き締めの加速化だけでなく、ユーロや円、人民元など他の主要通貨価値の劣勢が続いている現象もドル高を誘発し、ウォン安に拍車をかけた。

関連記事

[ 2022年07月17日 07:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ウォン安が続く限り政策金利の切り上げを繰り返すのみ
政策金利を0.5パーセント切り上げても更にウォン安が進んで居るのは金利切り上げが足りない為だ。
対応処置は金利切り上げを繰り返すしか無い。
FRBは更に金利切り上げの動きが有るので、今後更に厳しい金利切り上げを覚悟する必要があるだろう。
[ 2022/07/17 08:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp