韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  中国が0%台成長で、現地進出韓国企業211社の「ショック」

中国が0%台成長で、現地進出韓国企業211社の「ショック」

中国の4-6月期の経済成長率が0%台に急落した中で、韓国企業の憂いも深まっている。中国市場に進出した企業の市況と売り上げがともに下落し2年来の低水準を記録した。最近赤字に転落した対中貿易収支に続き現地進出まで「赤信号」が灯ったが、中国発の影響がさらに拡大するのではという懸念混じりの見通しも出ている。

産業研究院は17日、先月に大韓商工会議所北京事務所、中国韓国商会とともに中国進出企業7業種211社の景況判断指数(BSI)を調査した結果を公開した。BSIが100を超えれば該当項目が増加・改善されたと答えた企業が多く、100未満ならその反対を意味する。

調査の結果、4-6月期の現況BSIは全般的な下落傾向を見せた。市況は1-3月期の70から64に、売り上げは78から76と、2四半期連続で下落した。ともに2020年4-6月期以降で最低値を記録したのだ。特に電機電子(110)を除いたほとんどの業種と、中小企業(71)を中心に売上上の困難が目立った。

スポンサードリンク
営業環境(54)は2020年1-3月期以降で最低に落ち、現地販売(76)は二四半期連続で下落した。状況が良から設備投資も95となり8四半期ぶりに100を下回った。それだけ中国市場に進出した韓国企業の経営状況が全般的に悪化したという意味だ。

これら企業が体験するネックとしては、現地需要不振(21.8%)にともなう困難がさらに高まったという回答が最も多かった。原材料・部品調達の困難、価格上昇のような原材料問題(18.5%)と輸出不振(9.5%)なども主要問題に上げられた。
https://japanese.joins.com/JArticle/293275?servcode=300§code=300

2022-07-18-k006.jpg

韓国の全国経済人連合会は5月25日、売上高上位1,000社の韓国企業のうち、中国に投資、または取引のある700社を対象とした「中国の主要都市封鎖による国内企業への影響」に関する調査結果をまとめている。

企業の73.8%が、中国の新型コロナウイルス対策に伴う都市封鎖が企業経営に否定的な影響を及ぼしていると回答した。うち「かなり否定的」とした企業の割合は24.3%、「やや否定的」という企業は49.5%。具体的な影響では、「中国国内で生産される原材料の調達遅延」(50.9%)が最も多く、「バイヤーへの納期遅延」(14.9%)、「一部工場の閉鎖による別の工場の運営難」(13.6%)、「国内外工場の稼働停止または営業所の休業」(7.0%)と続いた。

都市封鎖への韓国企業の対応としては、「原材料の事前購入および十分な在庫の確保」(43.0%)が最も多かった。加えて、「部品の需給問題を解消するためのサプライチェーンの多様化」(25.4%)、「リモートワークのための調整・活性化」(7.0%)と、7割以上の企業が何らかの対応を取る一方、21.5%の企業が「特別な対策を立てていない」と回答している。

関連記事

[ 2022年07月18日 08:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp