韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国政治 >  韓国初の国産戦闘機KF‐21、初飛行に成功

韓国初の国産戦闘機KF‐21、初飛行に成功

韓国初の国産戦闘機KF-21(ポラメ)が19日、事業開始21年目にして初飛行に成功した。韓国は世界で8番目の超音速戦闘機の開発に近づいた。

KF-21の試作機(性能試験のために製作した機体)1号機は同日午後3時40分、慶尚南道泗川(サチョン)の空軍第3訓練飛行団滑走路を離陸し、約33分間にわたり飛行してから、午後4時13分に着陸した。飛行では超音速に満たない時速約400キロメートルで飛行し、機体性能を確認したという。KF-21は音速の1.8倍の飛行能力を備えている。

防衛事業庁は「韓国型戦闘機開発の成功に一段階近づいた。国内航空技術の新たな跳躍と先端強軍への飛翔を象徴する」と述べた。KF-21は2001年8月、金大中(キム・デジュン)大統領が韓国型戦闘機(KF-X)事業として着手してから21年目にして、この日初飛行に成功した。

スポンサードリンク
KF-21は今後4年間、2200回のテスト飛行を通じて各種性能と空対空武装適合性の確認などを完了すれば、2026年から本格的な量産に入る。2028年までに40機、2032年までに計120機を実戦配備する計画だ。KF-21は空軍の老朽化した戦闘機のF-4、F-5を代替する予定だ。
https://japan.hani.co.kr/arti/politics/44101.html

2022-07-20-k001.jpg

7月19日、韓国の国産戦闘機KF-21ポラメが初飛行に成功。15時40分に離陸し、16時13分に着陸した。今後2千余回に達する飛行試験を行う予定で、各種性能確認および武装適合性などを確認する予定だ。KF-21ポラメはステルス性を意識した設計で、内装式の兵器倉は装備しておらず、空対空ミサイルを胴体下に半埋め込み式で装着する。今回の初飛行の時点で空対空ミサイル「ミーティア」の模擬弾を搭載した。

ミサイルの胴体下への半埋め込み式の搭載はステルス性をある程度は高めるが、完全ではない。KF-21ポラメは将来的に内装式の兵器倉を搭載する予定で、現時点でも既にその為の空間は機体内部に確保している。改良型で内装式の兵器倉を実装した際に、KF-21ポラメは真の意味でステルス戦闘機になる。

関連記事

[ 2022年07月20日 07:32 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
やっと空に浮いた
やっと空に浮いて時速400KM(プロペラ機程度の速度)で30分位周回したと言う程度の事でしかない、今後マッハ1.8まで出るのかとか空中での急上昇、急降下、錐もみ旋回とうの動力試験等を何百回と繰り返して欠陥を修正して仕上げなければ成らない。

[ 2022/07/20 08:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp