韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  強制動員賠償、日本も韓国の努力に前向きに応じる用意あると感じた=韓国外相

強制動員賠償、日本も韓国の努力に前向きに応じる用意あると感じた=韓国外相

パク・チン外交部長官は、韓日関係の最大争点である強制動員被害者賠償に伴う「現金化」問題と関連し、「日本政府も誠意を持って前向きに応じる用意があると感じた」と述べた。 今月18日に日本を訪問したパク長官は20日、帰国を控えて記者団の取材に応じ、「韓日関係の改善を望む両国政府の意志を確認した。今回の訪問を通じて、日本側も韓国政府の努力に誠意を持って前向きに応じる用意があると感じた」と述べた。

パク長官は「韓国で(強制動員被害者賠償と関連した)官民協議体を構成し、被害者と専門家の意見を集めていることを日本側に説明し、日本側はこのような韓国の努力を評価した」と述べた。また「何より4年7月ぶりに(日本で)韓日外相会談が実現したこと自体が、日本側の真摯な対応の一環だと考える。これは韓日関係の変化の信号弾とみてもいい」と強調した。

パク・チン長官は18日、林芳正外相との会談に続き、19日には岸田文雄首相を表敬訪問して、強制動員被害者賠償問題に対する韓国政府の立場を伝えた。韓日関係を急激に悪化させる「現金化」が実現する前に解決策を導き出すから、日本も誠意をもって前向きに応じてほしいという要請だ。

スポンサードリンク
日本の誠意ある反応を被害者が要求している「加害企業の謝罪とこれら企業がどのような形であれ賠償に参加すること」だと捉えて良いかという質問に、外交部高官は「具体的な言及は控えたい」としながらも、「国民からみて、日本側に誠意ある措置が必要であり、そのような措置がない限り、この(強制動員被害者)問題は円満な解決は難しい。このような話を(日本側に)した」と明らかにした。
https://japan.hani.co.kr/arti/international/44112.html

2022-07-21-k001.jpg

ハンギョレ新聞は、「強制動員賠償、日本も韓国の努力に前向きに応じる用意あると感じた」としつつ、「解決策講じるから、前向きに応じてほしい」要請も、日本政府の反応と温度差があるとしている。 今の韓国政府は、日本との日韓請求権協定においての説明を自国政府に実施してこなかったわけで、自国民を説得できずに日本に泣きつくという事を繰り返している。

一部の反日色の強い高齢者により、自国政府はなすすべがないという政治を実施してきたツケである。日韓請求権協定の文言の扱いを突っついたところで、すべて盛り込むのは難しい。なので全て解決済みとしたわけで、韓国政府が自国の税金で対応するべき問題をいつまでも棚上げにしたツケとなる。 自国で対応せよ! と厳しく日本は韓国を指導するべき。 条約すら守れない国と良い関係を保つなどありえないことを強く指導する事である。

関連記事

[ 2022年07月21日 08:06 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
日本は韓国に対して慰安婦詐欺、徴用工詐欺を終焉させる
日本としては韓国の日本に対する慰安婦詐欺、徴用工詐欺を暴いてこの問題を終焉させる必要がある。
韓国が圧力を掛けてくれば半導体資材の輸出禁止、韓国機及び韓国船の日本への乗り入れ禁止、韓国人の日本への入国禁止、日本在住の韓国人の強制帰国等で対抗すれば良い。
[ 2022/07/21 09:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp