韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車、日本のMKタクシーに「アイオニック5」50台供給

現代自動車、日本のMKタクシーに「アイオニック5」50台供給

12年ぶりに日本の乗用車市場への再進出を宣言した現代自動車が、日本のMKタクシーに「アイオニック5」を50台供給することにした。MKタクシーは日本の代表的なタクシー会社で、今回のアイオニック5の供給が現代自動車の日本進出の成否を分ける分岐点になるかが注目される。

現代自動車は今月20日、8月からアイオニック5合計50台をMKタクシー日本本社に順次供給すると明らかにした。MKタクシーは、京都で運行中の700台余りのタクシーのうち50台をアイオニック5に入れ替える予定だ。

アイオニック5は現代自動車グループの電気自動車専用プラットホームであるE-GMPをベースに開発された最初の専用電気自動車(EV)だ。現代自動車は「MKタクシー側が顧客の搭乗する空間の大きさと快適さが重要と判断し、アイオニック5の導入を決めた」と説明した。さらに「アイオニック5の広い室内空間、前部座席のリラックスコンフォートシート、後部座席の電動スライドシート、シート下段の室内V2Lなどを通じて、タクシーの乗客に動く休憩空間を提供できると期待する」と付け加えた。

スポンサードリンク
現代自動車は、MKタクシー京都整備工場と技術支援の協力関係も構築した。走行記録装備や料金メーターなどのタクシー装備の装着を支援し、アイオニック5タクシーの効率的な営業を支援することにした。 MKタクシーは、世界最高水準の親切とサービスを提供するとの評価を受けている。米国の時事週刊誌「タイム」は、1995年にMKタクシーを「世界最高のサービス企業」に選定した。MKタクシーはアイオニック5を皮切りにEVタクシーの導入を本格的に拡大していく計画だ。
https://japan.hani.co.kr/arti/economy/44104.html

2022-07-21-k005.jpg

「タクシー業界の風雲児」と呼ばれたエムケイ創業者の青木定雄(本名・兪奉植=ユ・ボンシク)氏が2017年6月8日、肺炎のため京都市の病院で死去した。青木氏は在日1世の立志伝中の人物である。1928年、朝鮮半島の南に位置する慶尚南道で、6人兄弟の3男に生まれた。43年に15歳で日本に渡った。立命館大学法学部に入学したが、授業料を払えなくなり中退。56年に、ひょんなことからガソリンスタンドの経営を引き継いだ。60年、知人に勧められてミナミタクシーを設立したことが、タクシー人生の始まりとなり、63年に桂タクシーを買収。77年に両社の合併で、両社の頭文字をとって社名をエムケイとした。

そんな歴史を持つタクシー企業が、韓国の現代自動車は20日、「MKタクシー」を運行するエムケイ(京都市)に自社の電気自動車(EV)「アイオニック5」を供給する契約を結んだと発表した。現代は日本でアイオニック5をタクシーとして供給することに対し、「日本のEV市場攻略の第一歩を踏み出した」と意義を説明している。 そんなエムケイ会社社長ともあろう者が、刑事事件だけでも3回、暴力をふるった容疑で逮捕されたり、書類送検されたりしている。

関連記事

[ 2022年07月21日 08:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
恐ろしい
走る地雷として知られるアイオニック5をよりによってタクシーに採用するなんて、恐ろしい事だ。
衝突時3秒で車内温度800℃に成り、しかもドアは開かなく成る。
更にBEV車は消火不能で火が消えるまで3~5時間燃え続け、時には爆発も伴う。
命が惜しかったらこんなタクシーに絶対に乗らない事だ。
[ 2022/07/21 09:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp