韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  現代の「空飛ぶ電気自動車」の開発にロールスロイスが合流

現代の「空飛ぶ電気自動車」の開発にロールスロイスが合流

現代(ヒョンデ)自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)会長は、都心航空モビリティ(UAM)市場を先取りするためのグローバル味方の確保に積極的に乗り出している。現代自動車グループが強みを持っている水素燃料電池技術とモビリティ開発経験を基に、世界のUAM市場で注目される企業に成長しているという評価が出ている。

19日、現代自動車グループは、18日(現地時間)、英航空機エンジンメーカー・ロールスロイスと業務協約(MOU)を交わしたと発表した。1906年に設立されたロールスロイスは、米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)やゼネラル・エレクトリック(GE)と共に、世界3大航空エンジンメーカーとして挙げられる。両社は、現代自動車グループが開発している地域間航空交通(RAM)機体の水素燃料電池推進システムとバッテリー推進システム、そして米国に設立したUAMの独立法人・スーパーナルのUAM機体のバッテリー推進システムをめぐる共同研究を、2025年まで行うことになる。

現代自動車グループは同日、フランス航空機エンジン開発会社のサフランともUAMシステムの共同開発のための協約を交わした。鄭会長は、英国で開かれている「ファーンボロー国際航空ショー」の会場を訪れた。鄭会長は、ファーンボロー国際航空ショーに参加した現代自動車の米国UAM法人・スーパーナルの展示館で、ロールス・ロイス最高経営責任者(CEO)のウォーレン・イーストを直接迎えた。

スポンサードリンク
ロールスロイスの関係者らに新たに公開したUAMのインテリアコンセプトの模型を紹介し、一緒に搭乗したりもした。さらに鄭会長は、米航空機メーカー・ボーイングの役員やUAM事業を準備するグローバルメーカーの関係者らと会合を開き、協力策について話し合った。業界では、現代自動車がロールスロイスと水素燃料電池が採用されたUAMシステムを共同研究することにした点に注目している。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220720/3522073/1

2022-07-21-k006.jpg

韓国の現代自動車グループはこのほど、都市航空交通システムを手掛ける新会社「スパーナル(Supernal)」を米国に設立した。同グループの都市航空交通システム部門を前身とするスパーナルは、グループの未来交通に対するビジョンを実現する上で重要な役割を果たす。同社は引き続き「空飛ぶクルマ」とも呼ばれる電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発や改良を進める方針。2024年には米国当局の認証取得に向けて動き始め、28年をめどに初の商業飛行を目指すという。

これ以前に中国の自動車大手「浙江吉利控股集団(Zhejiang Geely Holding Group)」や新興電気自動車(EV)メーカー「小鵬汽車(Xpeng Motors)」、ドイツのダイムラーやポルシェなど多くの自動車メーカーが空飛ぶクルマの開発計画を発表している。

関連記事

[ 2022年07月21日 08:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp