韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  アップルが来年の採用縮小、景気低迷に備え緊縮経営

アップルが来年の採用縮小、景気低迷に備え緊縮経営

世界的な景気低迷の脅威を受け、世界時価総額1位の米アップルが来年の採用規模を縮小し、一部支出を減らすなど、緊縮経営に乗り出す見通しだ。米国の代表的投資銀行のゴールドマンサックスも、景気低迷の可能性を理由に年末の人員削減の可能性について言及するなど、世界的な大企業が次々と非常経営基調に転換している。

ブルームバーグ通信は18日、アップルは新規採用規模を減らし、一部事業部の予算削減を検討していると報じた。今後、特定ポストに空席が生じてもこれを埋めず、一部事業部は新規雇用自体を中断するという。ただ、今回の緊縮経営はアップル全社ではなく、一部事業部が対象になり、来年の新製品発売計画は変わらないと、アップルの関係者はブルームバーグに伝えた。

コロナ禍の中でも市場予想を上回る業績好調を記録し、攻撃的な研究開発(R&D)への投資および人材採用をしてきたアップルが、緊縮経営に乗り出したのは異例のことだ。それだけ今後の景気予測を暗く見ているという意味だ。ブルームバーグは、「アップルの(緊縮経営の)決定は、不確実性が大きくなった時期に慎重な経営が必要だという考えから始まった」と分析した。この影響で、同日、米ニューヨーク証券市場は下落した。アップルの株価は前取引日比2.1%下落した。

スポンサードリンク
景気低迷に備えるための構造調整の嵐は、ビッグテック業界全般に激しく吹いている。これに先立って、マイクロソフト(MS)やフェイスブックの親会社メタ、テスラなどが人員削減に踏み切った。グーグルは、今年下半期の採用規模を減らすと発表した。

ビッグテック業界に続き、ウォール街の金融企業や製造企業も緊縮経営に乗り出す。同日、ゴールドマンサックスのデービッド・ソロモン最高経営者(CEO)は、インフレの圧力が相当期間続くとし、「経済の不確実性が大きくなっている」と警告した。これを受け、新規採用を減らし、ウォール街の年末の人員削減の慣例を導入する可能性があると明らかにした。
https://www.donga.com/jp/east/article/all/20220720/3522064/1

2013-12-08-ap.jpg

高物価・ドル高・高金利の「3高」という悪材料と出会い内外の一部企業の投資が止まっている。米アップルは景気低迷の可能性に備え来年一部事業部門の研究開発と採用予算を下方修正することにした。また、毎年5~10%ほど人員を増やしているのと違い来年には一部部署の人員を増やさないことにした。

これに先立ちアルファベット、アマゾン、メタなどビッグテック企業も採用と支出の縮小計画を発表した。マイクロソフトとテスラは減員に入った。メモリー半導体業界3位の米マイクロンは先月末の業績発表時に9月から設備購入などの設備投資額を減らすと発表している。ファウンドリー(半導体委託生産)世界1位の台湾TSMCは設備投資額を当初予想した400億~440億ドルから400億ドルに減らした。

SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長が14日に開かれた大韓商工会議所済州(チェジュ)フォーラムで「昨年立てた投資計画は当然変わる可能性が存在する。原材料価格がとても大きく上がり計画がうまく合わない」と話しただけに投資縮小基調がグループ系列会社に拡大する可能性も提起される。

LGエネルギーソリューションもやはり米国バッテリー工場への投資を見直している。1兆7000億ウォンを投資してアリゾナ州に円筒形バッテリー工場を作り、2024年から製品を量産する計画だったが最近の経済環境悪化にともなう投資額急騰を理由に再検討に入った。

関連記事

[ 2022年07月21日 09:11 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
米国はインフレ退治で金利を大幅に上げ、世界中のドルを回収している。韓国から見るとドルがどんどん流出しドル不足になる。さらにウォンを売ってドルに換えられるため、ウォン安のおまけまでつく。同じ泣くのでも韓国の場合は悲鳴になる。

韓国メディアは日本落ちぶれとか没落するとか韓国人が高揚する記事を書くが日本は31年連続世界一の債権大国、米国の金主でもあり金利上昇の恩恵を一番受け取る国なんだね。日本没落などどうやったらできる。

日本がドル売りをするだけで円安は止まる。米国債を買わないと表明しただけでもドルは墜落する。米国は自国のインフレ退治に熱を上げるが、すでに世界の反感を買っている。米国の身勝手さをなじる国がどんどん出てきている。

米国の高金利は必ず景気悪化を招く。日本はその時に備える必要がある。ドル大暴落といったドルの信認問題は常に付きまとう。米国の財務省幹部が証券マンで固められ、米国債を中国に買っていただこうとおべっか外交、必死に売り込みしていたのはそんな古い話ではない。
中国は熱愛され日本は冷遇されていた…。日本は無邪気すぎると思う。
韓国は日米中の不信.不興を買いすぎている。無邪気な振舞ではない。お返しに日米中も韓国に無邪気な振舞いをするだろう。

米企業が一部とはいえ景気悪化のシグナルを出した。韓国の薄利多売は命運が尽きたと思う。
[ 2022/07/21 17:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp