韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  半導体業界が340兆ウォン投資、韓国政府は規制緩和に拍車

半導体業界が340兆ウォン投資、韓国政府は規制緩和に拍車

半導体関連企業各社は、2026年までに半導体研究開発(R&D)と設備に340兆ウォンを投資することにした。政府は、税制支援をはじめ、労働規制の緩和や迅速な許認可、人材育成など全面的な支援に乗り出す。半導体産業を巡る主要国の競争が激しくなる中、韓国も官民が一緒に全力戦に乗り出す。

産業通商資源部は、米中の技術覇権をめぐる競争が繰り広げられる中、グローバルサプライチェーン内の重要生産基地の地位確立を目標に掲げ、「半導体産業の発展戦略」を21日発表した。2030年までにシステム半導体の世界シェアを3%から10%に高め、素材・部品・装置の自立化率も30%から50%にそれぞれ高めるという。

これを受け、三星(サムスン)やSKハイニックスなどの産業界は、R&Dと設備投資に、2026年までに約340兆ウォンを投資することにした。政府は、企業投資が適時に執行されるよう、半導体産業団地に電力・用水などの必須インフラの構築を支援する。また、半導体工場に規制特例を適用して、最大容積率を従来より1.4倍高めることにした。

スポンサードリンク
半導体をはじめとする国家戦略技術の大企業の設備投資の税額控除率は、6~10%から中堅企業と同じ8~12%に高める。日本の輸出規制品目のR&Dにのみ許容された特別延長労働(週52時間→週最大64時間)を、9月から全体半導体のR&Dに拡大する。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220722/3526597/1

2022-07-23-k002.jpg

韓国政府は21日、半導体産業への投資を支援し、人材を育成する「半導体超強大国達成戦略」を打ち出した。 この戦略は、政府が先行して半導体企業への支援を拡大することで、半導体業界が向こう5年間で340兆ウォン以上の投資を達成するよう目指すものとなる。

韓国政府は京畿道、平沢市と龍仁市に建設中の大規模半導体産業団地の電力や用水など、インフラ建設費用の一部を支援し、また半導体産業団地の容積率を最大で1.4倍に緩和し、重大で明白な欠格事由がない限り、許認可を速やかに進めるとした。半導体関連人材の育成のため、来年、専門の大学院を新たに指定し、教授の人件費や機材費などを支援するという。

さらに即戦力となる人材の育成のため、業界と連携して「半導体アカデミー」を設立し、向こう5年間で3600人以上の現場人員を育成するという。このほかにも、次世代のシステム半導体などの研究開発を支援し、世界シェアを2030年までにいまより向上させるというものだ。 言葉では簡単だが、韓国の特徴は、誰がどの様にと言う方策が無い。 丸投げ体質では成功しないという事をいまだ理解していない。

関連記事

[ 2022年07月23日 08:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp