韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  LGエネルギーソリューション、米フォードにバッテリー供給を拡大、ポーランド工場を増設

LGエネルギーソリューション、米フォードにバッテリー供給を拡大、ポーランド工場を増設

グローバル景気の不確実性にもかかわらず、電気自動車の需要に備えるためのバッテリー業界の投資が続いている。

LGエネルギーソリューションは22日、来年までポーランドのバッテリー工場内の米フォード向け納入用生産ラインの規模を、従来の2倍に増設すると明らかにした。LGエネルギーソリューションは2020年下半期(7〜12月)から、人気電気自動車モデルの「マスタングマッハE」と電気商用車「イートランジット」にバッテリーを供給してきた。特にマスタングマッハEは昨年、グローバル市場で5万5000台以上が売れた。今後の販売予測も前向きな方だ。フォードのジム・ファーリー最高経営責任者(CEO)は昨年末、ツイッターで「2023年までにマスタングマッハEの生産能力を3倍以上に拡大する計画だ」と言及している。

ポーランド工場は70GWh(ギガワット時)規模で、現在は世界最大のバッテリー工場といえる。LGエネルギーソリューションは、この工場で生産したバッテリーをフォードのほか、ドイツのフォルクスワーゲンなどにも納入している。今回の増設は、顧客会社であるフォードの生産台数の増大計画に歩調を合わせて行われたものである。

スポンサードリンク
業界の関係者は、「LGが最近投資再検討に入った1兆7000億ウォン規模の米アリゾナ州のバッテリー工場は、潜在需要に備えた先制的な投資性格だ」とし、「合弁形態や確実な顧客会社が物量を保証すれば、景気低迷などのリスクから一定の部分自由になりうる」と話した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220723/3528913/1

2015-02-26-lg.jpg

LGエネルギーソリューションが北米3大完成車メーカーであるフォード(Ford)との協力を強化する。LGエネルギーソリューションは来年までにポーランド工場のフォード向けバッテリー生産ラインの規模を従来の規模から2倍に増設するとしている。 フォードの人気電気自動車モデルであるMustang Mach-Eと電気商用車であるE-Transitの販売拡大に伴い、バッテリー供給を追加的に増やしていくとした。

フォードは2026年までに電気自動車分野に500億ドル(約60兆ウォン)を投資し、年間電気自動車を200万台以上生産する計画だ。 2030年までに全体販売比率の中で、電気自動車の販売台数を50%以上に拡大する。LGエネルギーソリューションは2011年からフォードのFocus電気自動車にバッテリーを供給している。

関連記事

[ 2022年07月24日 07:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
バーター取引
ポーランド:韓国製武器購入!
[ 2022/07/24 13:53 ] [ 編集 ]
ルマン5連覇は伊達じゃない。
欧州でディーゼルの後継はハイブリッド、
上半期50万台売って、全台数の6割だとか。
これは、トヨタのこと。
[ 2022/07/24 14:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp